細工物・根付・簪・煙管・キセル・和装小物買い取ります。

根付や印籠、煙管(キセル)などの工芸品や細工物の買取、大歓迎です!森田藻己、懐玉斎正次、明鶏斎法實、虎渓、加納銕哉、尾崎谷斎、梶川、柴田是真、古満寛哉、白山松哉、飯塚桃葉など、江戸~明治時代のものはもちろん現代根付まで、幅広く高価買取させていただきます!
櫛(くし)、簪(かんざし)、笄(こうがい)、帯どめなど、古い装飾品の買取りも積極的に行っております。お祖母様やお母様がお持ちになっていたものや、蔵の中から出てきたものなど、お気軽にご相談下さい!
関連する本、書籍、資料なども喜んで買取りさせていただきます!

根付・簪・煙管のQ&Aはこちら

7,500件を超える出張買取実績と経験でご依頼の品を正しくご評価させて頂きます

根付・簪・櫛・煙管・印籠の買取事例紹介

根付・簪・煙管・キセル・和装小物の買取事例一覧

こんな根付や簪など、細工物を高くご評価させていただきます

・名工の手によるもの。
・帝室技芸員のもの。
・内国勧業博覧会、万国博覧会出品作。
・精巧な細工がほどこされている、デザインが素敵など、いい仕事をしているもの!
・銘が入っている方が評価の高い物は多いですが、たとえ無銘でも出来が良ければ高額査定が期待できます。
・旧家伝来、由来がしっかりしている、父母や祖父母のコレクションなど。
・共箱(ともばこ)など付属品が揃っている。
(※共箱とは~作家本人による直筆の箱書きが入っている、当時のままの箱。桐などでできた収納箱。)

こんな品物を高くご評価させていただきます!!

根付・印籠作家一覧

根付、印籠

小さな細工物、古い細工物、高く買い取ります!
特に根付は店長が個人的に大好きなため、古根付はもちろん現代根付も頑張って高く買わせて頂きます、ぜひお声をおかけ下さい!
大内玉藻(おおうち ぎょくそう)大内藻水 (おおうち そうすい)
大原光廣(おおはら みつひろ)岡言(おかこと)
岡友(おかとも)岡隹(おかとり)
尾崎谷斎(おざき こくさい)懐玉斎正次 (かいぎょくさい まさつぐ)
景利(かげとし)加納銕哉(かのう てっさい)
我楽(がらく)奇峰堂正一(きほうどう まさかず)
虎渓(こけい)清水富春(しみず とみはる)
舟月(しゅうげつ)壽玉(寿玉)
田中岷江(たなか みんこう)為隆(ためたか)
竹陽齋友親(ちくようさい ともちか)出目右満(でめ うまん)
東谷(とうこく)友一(ともかず)
友忠(ともただ)豊昌(とよまさ)
西野昇己(にしの しょうこ)菱田為隆(ひしだ ためたか)
秀正民谷
正直(まさなお)松田亮長(まつだ すけなが)
光春(みつはる)三輪(みわ)
明鶏斎法實(めいけいさい ほうじつ)森田藻己(もりた そうこ)
吉長(よしなが)吉村周山(よしむら しゅうざん)
楽虫(らくちゅう)蘭亭(らんてい)

和装小物・櫛・簪・煙管(キセル)

簪、煙管

櫛(くし)簪(かんざし)
笄(こうがい)帯留め(おびどめ)
煙管(きせる)煙管筒(きせるづつ)
赤珊瑚(あかさんご)珊瑚(さんご)
翡翠(ひすい)象牙(ぞうげ)
蒔絵(まきえ)螺鈿(らでん)
七宝(しっぽう)銀製品
瑪瑙(めのう)鼈甲(べっこう)

上記リストに載っていない物でも、買取りできるものはたくさんございます。何か捨ててしまわれる前に、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい!

Q&Aコーナー:根付・印籠・細工物編

根付とはなんですか?

根付1

根付とは、印籠・煙草入れ・巾着などを持ち歩くときに、落ちないように帯に挟んで留めるために使われた、手のひらサイズの小さな細工品です。
着物が日本人の文化の中心だった頃はどこの家にも必ずあった必需品でしたが、服装の主流が洋服になるにつれ急速に姿を消してしまいました。
根付の約束事ってなんですか?

根付2

主に3つあるといわれています。
1.紐を通すための2つの穴が開いている。
2.大きさは手のひらサイズの小ささで、形状にでっぱりがない。
(装着の際に、帯や着物に引っかけないため)
3.どの面にも彫刻がほどこされている。
(帯にとめたり外されたり、様々な角度で見られるため)
根付や印籠が、海外で大人気って本当?

根付3

本当です。
根付も印籠も、幕末明治期に海外へ大量に流出してしまいました。
当時の日本人にとっては、根付や印籠はあまりに身近な存在だったため、芸術品・美術品として認識されていなかったのですが、名工によって丹念に彫られた作品は超細密工芸と呼ぶのにふさわしく、海外には今でも世界的大コレクターが多数存在し、大人気のアイテムです。
そのため一級品は、現在でも海外オークションなどで非常な高値で取引されています。
印籠は、なんのために使っていたの?

印籠1

印籠は、もともとは印鑑や朱肉を入れるためのものでしたが、戦国時代ごろから携帯用の薬入れとして使われるようになり、旅の必需品になりました。
江戸中期ごろになると、オシャレを演出する小道具へと役割が変わっていき、華麗な蒔絵で装飾されたものなどが主流となります。
さらに明治時代に入ると、印籠はほぼ美術品・芸術品と化していき、欧米には印籠を大量に収集するコレクターたちが多数現れました。
江戸半ばごろから幕末明治にかけて、彫金や蒔絵の技術レベルは日本の歴史上でも最高潮に達し、小さな印籠の中には日本人の美的感覚と”粋”が見事に凝縮されているといえるでしょう。
印籠と根付と一緒に、小さな玉が付いています。これは何ですか?

緒締め

それは緒締め(おじめ)といいます。印籠の蓋を開閉するためのものです。
本来は印籠・根付・緒締の3点でセットなのですが、それぞれ単独で集めているコレクターの方達が多いので、印籠だけでも、根付だけでも、緒締めだけでも買取りさせていただけます。
笄(こうがい)とは何ですか?

笄

女性の髪を掻き揚げて髷を形作ったり、できあがった髷の中に差し込んで装飾するために使われた、棒状の結髪用具です。
髪の乱れを直したり、頭がかゆい時に髪型を崩さずに頭を掻くためにも使われました。
また、小柄 (こづか)・目貫 (めぬき)と共に、日本刀の「三所物(みところもの)」と呼ばれる付属物の一つでもあり、刀の拵(こしらえ)に装着する形で男性にも持ち歩かれました。
ボロボロの箱に入っているのですが、箱は必要ですか?

根付4

はい、もし箱が残っていたら絶対に捨てないで下さい!箱書き部分さえ残っていれば重要な付加価値が付く可能性がございますので、たとえボロボロであっても壊れていても、箱も一緒にお見せ下さい。
何かひとこと、どうぞ!

根付5

店主が愛してやまないジャンルです。良品に関してはどこよりも高く買取り致します!(。+・`ω・´)
彫刻に関係する学校に行っていた頃から根付に興味を持っており、趣味と実益半々で楽しんでおりますので、常に超高価買い取り実施中です!

お引取りする品の量と内容によっては、営業エリア外でも出張買取にお伺い致します。

東京・埼玉・千葉・神奈川でしたら即日出張買取もご相談下さい。ご依頼状況によっては、即日買取も可能です。また、その他の地域でもお取引するお品の内容と量によっては、広域へ出張買取にお伺いできます。

骨董の良品に関しては、全国どこへでも参ります!まずはお気軽にご相談下さい。

価値ある品を見つけ出し、高く買い取らせていただきます。

PAGE TOP

お問い合わせ メール無料見積り「お客様のご自宅まで無料にて出張いたします。ご都合・状況に合わせて柔軟に対応します。」 WEBからの買取のご依頼はこちら

お電話からのお問い合わせは0120-54-4892

受付時間:10:00~23:00 
定休日:無休

骨董買取「くまねこ堂」サービス対応エリア

東京・埼玉・千葉・神奈川を中心に承ります。詳しくはこちらをご確認下さい。 ※内容によってはご希望にそえない場合がございますのでご了承下さい。

電話受付メールでのお申込みはこちら