書道具・文房四宝・香道具

【杉並区善福寺】 絵画、酒瓶大量(サントリー等)、酒類ノベルティ、ビアマグ、日本刀、銀製品(タバコケース、銀杯)、戦時品、ベルト、切子グラス(デカンタ)、腕時計、レコード、ガラス瓶、置き物、万年筆、ネクタイピン、記念コインなどをお譲りいただきました!


人気ブログランキング

今回お譲りいただいた中には、『復員引揚の皆様への栞』(香川県厚生課・同胞援護会香川県支部)、『復員の手引』(舞鶴上陸地支局)など、大東亜戦争から帰還した復員者に配布された貴重な冊子や書類などがございました!
IMG_1388
戦後50年と言われた時代からはや20年以上も経過し、今年で戦後72年という歳月が流れました。
兵士として戦地に赴き、或いは銃後を護った世代も90代以上の御高齢となり、今やなかなか当時の話を伺うのも難しい時代となりつつあります。
仙花紙といわれた粗悪な洋紙に印刷された案内の数々はかなり興味深いものばかり。
IMG_1389IMG_1390
『復員の手引』に目を落としてみますと、
【皆様長い間ほんとうに御苦労様でした。幾多の苦難を突破して今日祖国日本への期間が実現しまして皆様の御喜びは如何ばかりでせう。私達も心から御喜び致します。又御留守宅ではどんなに御待ちでせう】
とあり、このやさしい言い回しに胸を打たれる思いがいたします。
【後一両日であこがれの内地に到着されますが終戦後祖国は明朗に又健全に復興を続けております。どうかご安心下さい】
とあるので、復員船に乗船した際に配布されたものであろうことが推測でき、また実際の日本の状況とは異なる「明朗」「健全」「復興」などの希望の言葉が散りばめられてあるのが引っ掛かります。
他に貴重な記載として、復員者の支援がどこでどのように行われていたかが明確に記されており、「元陸軍省が復員局になった」「厚生省の中に引揚援護院が開設されていた」などなど、とても勉強になります!
また「未だに帰らない人々の消息を教えてください」「帰郷されたら」などの解説がされておりますが、私が注目したのは「身分処理について」という部分。
【軍籍にあったからとて  内地に帰還してから労役に服したり、戦争犯罪者に問われたりすることは決してありません。安心して家庭に帰れます。】
とあります。終戦後に多くの噂が飛び交い、戦犯として処分されるのではないかと軍籍のあった方々や文化人の方々まで心配されたということを耳にしたことがあります。それにしても、生々しく当時の様子が伝わってきますね。

また香川県で発行された『復員引揚の皆様への栞』には、
IMG_1391
【皆様を迎へる日本の国状は予想以上に荒廃して居ります(略)】と記されてあります。

これらを踏まえ、復員の流れとしては
《外地で復員船に乗船》→《舞鶴港・函館港に到着》→《予防接種やDDTを受ける》→《日本に上陸》→《復員連絡所》→《帰宅》
となっていたようです。

IMG_1392
買取をさせていただいた中には、日本に上陸するにあたって受けた予防接種の證明書も含まれておりました。現在の日本では耳にすることはありませんが、当時としては身近な恐ろしい病気であった「コレラ」や「腸チブス」(チフスに非ず)などが記されております。

本当に戦争とは大変なことなんだなぁとつくづく感じられる貴重な資料ありがとうございました!

このようなことを書いていると、耳の奥底から田端義夫さんの「かえり船」が聴こえてくるようです。

byこばちゃん

 


人気ブログランキング

陶硯、中国陶器、墨、硯、石印材、書道の本、専門書、全集、学術書、美術書を買取りさせていただきました【東京都板橋区】


人気ブログランキング

 

dragon boll

夏休みといえば、小学生の頃は早朝のテレビ番組の帯にドラゴンボールや人気のアニメのゴールデンタイムがありました。

当時の私はなにも知らず、毎朝ちゃんと起きては親を起こさないようにこっそりとジュースを片手に持ち、そのアニメや戦隊シリーズのテレビを見ていました。
最近になって、ああいった夏休みがまた過ごしたいなあ、とボンヤリ思ったりするのですが
よく考えたら、あの早朝にやっているアニメのゴールデンタイムは夏休みでだらしない生活をしないようにするための大人の策略だったのですね。

当時の私はそんなことも考えもせず、ジュースを飲みながらニコニコとあの時間を楽しんでいたわけです。

自分で言うのもあれですが素直すぎるというかなんというか.....
そういう意味でも、やっぱりまた子供時代のような夏休みを過ごしたいなあと思ってしまいますw

 

ヨシダ


人気ブログランキング

印材を中心とした書道道具・硯筆・墨、カメラやレンズ、書の本を買取りさせていただきました【東京都江戸川区春江町】


人気ブログランキング

 

ブランデーやコニャックで有名なシャボーのワインです。
私はワインと高すぎるお酒については詳しくないのですが、なかなか珍しいものなんじゃないでしょうか!?

DSC02825

とにかく最近は湿度が高すぎますね。
困ったことに夏の夜はお酒が恋しい季節です。

 

吉田

 


人気ブログランキング

書道道具、硯、印材、筆、墨、カメラ、レンズ、書の本、文庫本を買取いたしました【江戸川区春江町】


人気ブログランキング

女性スタッフの間で「これはなんだ!?」と話題になった

多摩動物公園開園の際の記念品です。

たまどうぶつこうえん かいえんきねん 1958.5.5・・・

小物入れにも重いし

硯にしては浅すぎる......

tamazoo bear tamazoo bear

謎の置物です

 

ヨシダ


人気ブログランキング

 

珍品!昭和11年上海海軍特別陸戦隊 戦闘競技 賞品の硯箱をお譲りいただきました。[東京都品川区にて]


人気ブログランキングへ

 

 東京都品川区にて、昭和11年上海海軍特別陸戦隊 戦闘競技 賞品の硯箱をお譲りいただきました。

誠にありがとうございました。

nihonkaigun shohin suzuribako

上海海軍特別陸戦隊は略して上陸(シャンりく)。

大日本帝国海軍が上海に権益保護のために駐留させていた陸戦隊で、

昭和7年以降、日本海軍で唯一の常設の陸上戦闘部隊となったそうです。

Wiki参照

 

こちらは戦闘競技の賞品ということですが、どんな競技だったのでしょうね。:neko:

byキョーコ

 


人気ブログランキングへ

中国ものの在銘の古い墨入れ(唐金?)を買取りいたしました。[東京都中央区にて]


人気ブログランキングへ

 

東京都中央区にて、中国ものの在銘の古い墨入れをお譲りいただきました。

誠にありがとうございました。

chinese sumiire shodougu

左側の小さな方の裏面には民生銘、右側の方には、蓋に華北墾業公司と彫られていました。

実際に使われていたもので、中には墨がついていました。

byキョーコ


人気ブログランキングへ

中国の玉杢/黄花梨の古い硯箱をお譲りいただきました。[東京都中央区の買取にて]


人気ブログランキングへ

 

東京都中央区にて、中国の玉杢/黄花梨の古い硯箱をお譲りいただきました。

誠にありがとうございました。

chinese shodougu suzuribako tamamoku

 

蓋の木目には葡萄杢というのでしょうか、ぐりぐりとした実のような模様が入っておりました。

硯石や木の種類の見分けは私には難しいです。。。 

byキョーコ

 


人気ブログランキングへ

幻の一台、探しています!


人気ブログランキングへ

東京都町田市にて、書道具、掛け軸をお譲りいただきました。ありがとうございます。

...さて、本来であればここでお譲りいただいたもののご紹介をさせて頂くのですが。今回はちょっと違います。

タイトルにございます通り、なんと買取先のお客様からのご要望で、今回「幻のスポーツカー」についての情報を求める記事を書かせていただくこととなりました。緊張します!

それでは今回くまねこ堂で情報を求めている幻の一台のご紹介です。

001_alphacoupe

「アルファー 1500 スポーツクーペ」!

 なんと日本に一台しか存在しないという超々幻のスポーツカーです。今回、『こちらの車の元オーナー様のご子息様からのご依頼』でお写真のブログ掲載許可を頂きました。ありがとうございます。

003_alphacoupe

他にもこの車についての特集記事が書かれている「モーターマガジン 1962年10月号」なども拝見させていただきました。

002_alphacoupe

こちらは元オーナー様と設計者様のお写真ですね。

当時の話を伺った所、日産フェアレディなどの車体をデザインした太田祐一氏に、直接依頼をして『木型から』車をカスタムで一台作ってもらったとの事。:cat_5:

職人魂がこもっている気合いの入った一台です! 雑誌にも掲載れている事からも当時の話題となったことは疑いようもありませんが、元オーナー様はどこかのタイミングでこの車を一度手放されたようです。

今現在、元オーナーのご子息さまご自身も、この車がどこにあるのか調査をされているようですが、今回少しでもお力になれればと、くまねこ堂ブログの方でも記事として取り上げさせていただきました。

「アルファー 1500 スポーツクーペ」

何かご存じの方は是非くまねこ堂にまでご一報いただければと思います。

by タノ


人気ブログランキングへ

中国古墨 王義之(羲之) 曹素功製精選松煙をお譲りいただきました


人気ブログランキングへ

 

中国古墨 王義之(羲之) 曹素功製精選松煙をお譲りいただきました。

chaina chugoku sumi shoen

 

墨に彫られている王義之(おうぎし=303~361)とは、中国の書聖の名です。

義之は後世に多大な影響を与え、「書道を習う者はまず王羲之を学んでから他を学べ」とまで言われたほどでした!

 

byキョーコ

 

 

 


人気ブログランキングへ

中国徽歙曹素功 風林火山堯千氏精製油煙 金巻碑林公園開設記念の墨をお譲りいただきました


人気ブログランキングへ

 

中国徽歙曹素功 風林火山堯千氏精製油煙 金巻碑林公園開設記念の墨をお譲りいただきました。

chugoku china yuenzumi sumi

 

油煙墨は、煤の粒子が細かく揃っており、黒の色につやと深味があるそうです。

昨日ご紹介の松煙墨に対し、水濡れにも強いとのことです。

byキョーコ

 

 


人気ブログランキングへ

千葉県市川市で北村西望の印泥入れをお譲りいただきました


人気ブログランキングへ

本日は、千葉県市川市にてお譲りいただきました、北村西望の印泥入れをご紹介いたします。

ichikawa_seibou_indei

こちらの印泥入れに彫られておりますのは鳳凰の絵柄。

作者の北村西望は、長崎の平和祈念像を作った日本を代表する彫刻家です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%9D%91%E8%A5%BF%E6%9C%9B
偉大な芸術家の作品を手に取ることができ、非常にうれしく思います。

お譲りいただきまして、まことにありがとうございました。

ナカゴン


人気ブログランキングへ

神奈川県鎌倉市にて、中国年代物の七宝釉 印泥入れをお譲りいただきました。その2


人気ブログランキングへ

 

昨日に引き続き、神奈川県鎌倉市にてお譲りいただいた中国年代物の七宝釉 印泥入れをご紹介いたします。

china_indeiire印泥入2-1

china_indeiire印泥入2-21

七宝釉磁器で下部には織物生地が貼られ、凝った造形です。

蓋には鹿華齋 八寶(宝)印色 福建 漳州(しょうしゅう) 秘製とあります。

くまきちさん曰く、時代ものでお土産品だったのでは?とのことでした。

 

byキョーコ

 


人気ブログランキングへ

東京都葛飾区にて、帝室技芸員 真葛香山作 雲鶴青磁鳳凰文香炉をお譲りいただきました


人気ブログランキングへ

 

東京都葛飾区にて、帝室技芸員 真葛香山作 雲鶴青磁鳳凰文香炉をお譲りいただきました。

 

makuzu kozan kouro

三脚でぽってりとした青磁の胴に鳳凰文入り、蓋付きでした。

 

つい先日まで日本橋三越で「真葛香山展」が開催されていましたが、

現在「没後100年 宮川香山展」がサントリー美術館で開催中です。(2月24日~4月17日)

ご興味のある方は是非!:neko:

 

byキョーコ

 

 


人気ブログランキングへ

東京都目黒区にて、人間国宝 金城次郎の壺屋焼 水滴をお譲りいただきました。


人気ブログランキングへ

 

東京都目黒区にて、陶工 金城次郎の壺屋焼 水滴をお譲りいただきました。

金城 次郎は重要無形文化財「琉球陶器」保持者で、沖縄県で初の人間国宝です。

kinjo jiro suiteki

 

壺屋焼(つぼややき)とは、沖縄県那覇市壺屋地区や読谷村などで焼かれる陶器です。

皆さまご存知シーサーも代表的な壺屋焼きです。

 

明治から大正期、有田焼きなど手ごろな焼物が流通したことにより、壺屋焼きは一旦低迷しますが、

大正後期、柳宗悦らが主導した民芸運動によって再び見直され、今に至ります。

 

金城 次郎(きんじょう  じろう)

1912年(大正元年)那覇市与技生まれ。

1925年(大正12年)壺屋の名工 新垣栄徳に入門。

1946年(昭和21年)那覇市壺屋に築窯。濱田庄司、河井寛次郎らの指導を受ける。

1972年(昭和47年)沖縄本土復帰。読谷村に移住し築窯。

1973年(昭和48年)国画会会員に。

1981年(昭和56年)勲六等、瑞宝章を受章。

1985年(昭和60年)人間国宝に認定、沖縄県功労章受章。

1993年(平成5年)勲四等瑞宝章受章。

2004年(平成16年) 没。享年92。

 

 (上記は那覇市伝統工芸館、Wikipediaの金城次郎壺屋焼きのページを参照させていただきました・)

 byキョーコ

 


人気ブログランキングへ

1 / 212

PAGE TOP

電話受付メールでのお申込みはこちら