掛け軸

名品、重要文化財などの復刻工芸品の掛け軸を大量にお譲りいただきました。


人気ブログランキング

上村松園、雪舟、横山大観 、鏑木清方など

有名な日本画家の複製掛け軸が大量に入荷いたしました。
いくら複製とはいえども、しっかりと絹本、額装、桐箱、などが揃えば値段もお高いという事が今回初めてわかりました。

kanotanyu kakeziku

 

上記の絵は「狩野探幽」という江戸初期に活躍した狩野派の絵師の作品です。

狩野派といえば日本最大の画派で、室町時代中期~江戸時代初期のその間400年にもわたり画壇の中心として活動してきた専門画派集団です。

一口にサラッと400年とか書いてますけどとんでも膨大な時間の中で活動してますね........
先日、大量に複製工芸品がくまねこ堂にも入ってまいりました。
複製と言っても単純に印刷がされたものだけではなく、木版画からリトグラフ、シルクスクリーン等大分手の込んだしっかりしたものです。

シルクスクリーンは私の専門ですが、布の場合は基本的には色の重なりによって色数を増やしていくのが普通なため
全部で5版もあればだいぶ凝った色合いやデザインができる、という感覚だったのですが
今回複製品のシルクスクリーンの版を見てみたところなんと「27版」というものすごい版の数を使っているシルクスクリーンがありました:shock:

経験者から見ると眩暈を起こしそうな版の数で.......
溜息がでるほどボリュームのある印刷と、軸装などなど
技術を贅沢に詰めた掛軸は複製といえども、本物よりも需要があるという話には頷けます。

技術を愛でるということや、部屋に絵を飾るという習慣も絶やしたくないものだなあと思います。

 

ヨシダ

 


人気ブログランキング

◆神奈川・鎌倉◆ ロックバンドの帯付きレコード ギャグマンガ(モーレツア太郎、がきデカ、トイレット博士、ド根性ガエル) 、古銭、象牙の像、ミニカー、キャラクター消しゴム、古書などをお譲りいただきました!


人気ブログランキング
本日お譲りいただいた中には、「弥栄(いやさか)」と記された昭和30年代?の芳名帳がございました!
どのような会だったかは記録がありませんでしたが、栄転だったりお祝い事だったと推測ができます。

IMG_1338 IMG_1337

何気なくページをめくっていると、とんでもない人たちの名前が!!
腰を抜かしそうになりつつ確認していくと…

IMG_1341

昭和を代表する写真家のひとり岡田紅陽(1895-1972)は日本写真協会の設立者。写真マニアの私にはドキリとさせられるビッグネームです。
そして極め付けは、こちらの二人!!!

IMG_1340 IMG_1339

「藤田小女姫」「早川雪洲」の署名!!!すごすぎて眩暈がいたします。

まず藤田小女姫(1938-1994)は少女時代から「天才少女」「十代の生神様」と謳われた占い師。政治家などの大物たちを顧客としながらも若く愛くるしい容貌がメディアで取り上げられてアイドル的な人気を集めておりました。しかし息子とともに暗殺されるという謎に包まれた生涯を終えることになります…。
そんな小女姫氏のうら若き頃の署名になります。

そしてそして早川雪洲(Ⅰ886-1973)といえば、日本人初のハリウッド俳優であり、ハリウッド映画史上一番最初のスター俳優ともいわれている方です。1914年に映画俳優デビュー後、東洋エキゾチックの代表的な人物としてアメリカで絶大な人気を博し、プライベートでは城を買取り、毎晩豪華なパーティーを主催。ある雨上がりの日、パーティー会場入りしようと車から降りた雪洲の目の前には大きな水たまりが…
すると駆け付けた女性ファンたち、自分たちが着用していた高価な毛皮を水たまりに投げうって雪洲の靴を濡らすまいとしたという逸話が残されております。

関連画像

日本に帰国後も映画や舞台俳優として活躍し、現在観られる作品には1937年にドイツの映画会社と提携して制作された「新しき土」があります。本作品では若き原節子の父親役として重厚な演技を示しております。
また晩年にはハリウッド映画「戦場にかける橋」で、その存在を再び示したことは、あまりにも有名だと思います。早川氏の豪傑的な人物像を物語るような、力強い筆跡ですよね!

私の独断と偏見で三人しかご紹介できませんでしたが、今回の芳名帳には政治関係、芸能関係、報道関係などなど、幅広い方々の名前が見受けられ、どんなパーティーだったのか想像するだけで興奮ものです!

くまねこ堂では、書家、政治家、文化人などによる揮毫、色紙、掛軸、短冊なども積極的に買取をさせていただき、口コミでの評判もいただいております!

こばちゃん


人気ブログランキング

★”遺品買い取り(遺品整理)のご依頼でした。” ★古書・古本 広辞苑第六版 切手、年賀ハガキ、ハガキ ネクタイピン、アクセサリー レコード


人気ブログランキング

今回お譲りいただきました中には、江戸時代の福岡藩士から八幡製鉄所を設立し、貴族院男爵議員となった安川敬一郎(1849-1934)の書簡がございました!

IMG_1232

書簡といいましても、ご覧の通りに表装された巻物になっており、いかに大切に保管されて来たのか伺い知ることができます。

安川敬一郎氏の簡単な経歴を辿ると、嘉永2年に筑前国(現在の福岡県)に誕生し、江戸末期に福岡藩の教員となったものの、明治5年に上京し慶應義塾に入学したが、身内の不幸のために帰郷。

しかし故郷・福岡で炭鉱事業を立ち上げたことにより莫大な富を得、明治14年には頭山満の玄洋社に参加し、その安川氏の資金が玄洋社を支えていたんだとか。

その後、なんと孫文を神戸から東京に迎えて、4年もの間、毎月500円の生活費を提供していたそうです!!!

安川敬一郎氏がいなければ「中国革命の父・孫文」もここまで大成しなかったのではないか…と思うと感慨深い書簡になります。
それにしても明治中期の500円といえば、現在に換算するとン千万になるでしょうから、中華民国のかげの立役者と言っても過言ではないでしょう。

この書簡は大正14年に知人へ宛てた近況報告ですが、なかり長い内容の手紙を読み進めてみると、普通選挙についての記述が出てくるので、恐らく大正14年に安川氏が貴族院議員として立候補した周辺の時期に差し出されたものと思われ、封筒と中身が合致していることがわかります。

IMG_1231

 

「乱筆御免」からはじまる書面からは几帳面な性格や、大物こその相手に対する気配りや常識を兼ね備えていた人物だったことが伝わってきます。
歴史上の人物はやっぱり違うな!と思わせる貴重なお品でございました。
ありがとうございました!

くまねこ堂では、歴史上の人物や政治家による真筆揮毫(書画、掛軸、色紙、短冊、書簡、原稿)などのお品も高価買取をさせていただいております!!

こばちゃん


人気ブログランキング

【即日の出張で買い取りいたしました】杉並区成田西のお客様より、掛軸、風鎮、山本梅逸、橋本雅邦、太田南畝 など


人気ブログランキングへ

買い取らせていただきました中には大久保利通による七言絶句の掛軸もございました!

大久保利通18301878)は明治維新の元勲で、西郷隆盛、木戸孝允とともに「維新三傑」の一人に数えられた、明治初期の政治で存在感を放った人物。

教科書でもおなじみだと思います!

いつの時代も政治家や軍人は揮毫を求められるもので、教養として書をたしなむ以外にも、揮毫のために書を習う政治家も数多く存在し、大隈重信のように自分の署名だけ徹底的に習得した方、或いは東郷平八郎のように軍人の小笠原長生に代筆をさせていた方などもおられました。

 IMG_0974

「甲東」とは大久保利通の号で、この軸には「秋色長天望…」と今の時期にピッタリな七言絶句が流暢な筆跡で書かれています。

くまねこ堂では遺品整理、生前整理で出てきた書画の掛軸ほか色紙、扁額なども積極的に高価買取りさせていただき、評判を頂戴しております!

 

こばちゃん 

人気ブログランキングへ

【東京都新宿区高田馬場】掛軸、錫の盃、古銭、切手、戦前の置時計、茶道具、書道具などを買取りしました

誠にありがとうございました。

田中一村 米邨 01

田中米邨の掛軸もお譲りいただきました。
田中米邨の略歴は、コチラに載せてあります。

題簽には「花中君子図」と書かれております。
「花中君子」とは「蓮」の別名で、泥に染まらないさまを君子にたとえたものだそうです。

ニーミン:wakaba:

 

東京都杉並区にて、宇田荻邨の掛け軸をお譲りいただきました


人気ブログランキングへ

 

東京都杉並区にて、宇田荻邨の掛け軸をお譲りいただきました。

誠にありがとうございました。

uda tekison kakejiku

丹頂鶴に梅の絵柄で、優し気なタッチと余白が美しいです。

 

宇田荻邨(うだ てきそん/三重県松阪市生まれ 1896 - 1980年)

日本芸術院会員、勲三等瑞宝章受章、日展顧問など華々しく活躍されました。

byキョーコ


人気ブログランキングへ

伊東深水、福田平八郎筆の歌舞伎扇子をお譲りいただきました


人気ブログランキングへ

 

伊東深水、福田平八郎筆の歌舞伎扇子をお譲りいただきました。

誠にありがとうございました。

 

kabuki sensu shinsui

 

こちらにも青竹遊雀(福田平八郎筆)が入っていました。

雀は吉鳥で、昔からおめでたい絵柄としてよく登場いたします。

 byキョーコ

 

 


人気ブログランキングへ

四世尾上菊之助公演の記念品?宮脇売扇庵の扇子をお譲りいただきました


人気ブログランキングへ

 

四世尾上菊之助公演の記念品?宮脇売扇庵の扇子をお譲りいただきました。

誠にありがとうございました。

onoe kikunosuke sensu

 

四世尾上菊之助は、七代目 尾上菊五郎ですね。

絵柄は「菊のつぼみ」ですね、粋な感じがいたします。。。

byキョーコ

 


人気ブログランキングへ

四世雀右衛門襲名披露記念品、山口蓬春筆の扇子をお譲りいただきました


人気ブログランキングへ

 

 四世中村雀右衛門襲名披露記念品、山口蓬春筆の扇子をお譲りいただきました。

誠にありがとうございました。

 

yamaguchi hoshun sensu nakamura jakuemon

 

四代目中村雀右衛門は昭和39年9月歌舞伎座公演で襲名しています。

山口蓬春の白椿に金のぼかしが入った美しい扇子は、女形ならでは、ですね。

byキョーコ
 


人気ブログランキングへ

東京都町田市で、高垣眸の書をお譲りいただきました


人気ブログランキングへ

 

東京都町田市にて、高垣眸の書をお譲りいただきました。

誠にありがとうございました。

takagaki hitomi sho

 

高垣 眸 (たかがき ひとみ 1898 - 1983年)

児童文学作家、小説家として活躍されました。

くまきちさんに、ジャガーの高垣眸さんだよ!と言われましたが、私勉強不足で存じ上げませんでした。:ase1:

(「豹(ジャガー)の眼」1959年テレビ放映)

つづく。。。

byキョーコ

 


人気ブログランキングへ

幻の一台、探しています!


人気ブログランキングへ

東京都町田市にて、書道具、掛け軸をお譲りいただきました。ありがとうございます。

...さて、本来であればここでお譲りいただいたもののご紹介をさせて頂くのですが。今回はちょっと違います。

タイトルにございます通り、なんと買取先のお客様からのご要望で、今回「幻のスポーツカー」についての情報を求める記事を書かせていただくこととなりました。緊張します!

それでは今回くまねこ堂で情報を求めている幻の一台のご紹介です。

001_alphacoupe

「アルファー 1500 スポーツクーペ」!

 なんと日本に一台しか存在しないという超々幻のスポーツカーです。今回、『こちらの車の元オーナー様のご子息様からのご依頼』でお写真のブログ掲載許可を頂きました。ありがとうございます。

003_alphacoupe

他にもこの車についての特集記事が書かれている「モーターマガジン 1962年10月号」なども拝見させていただきました。

002_alphacoupe

こちらは元オーナー様と設計者様のお写真ですね。

当時の話を伺った所、日産フェアレディなどの車体をデザインした太田祐一氏に、直接依頼をして『木型から』車をカスタムで一台作ってもらったとの事。:cat_5:

職人魂がこもっている気合いの入った一台です! 雑誌にも掲載れている事からも当時の話題となったことは疑いようもありませんが、元オーナー様はどこかのタイミングでこの車を一度手放されたようです。

今現在、元オーナーのご子息さまご自身も、この車がどこにあるのか調査をされているようですが、今回少しでもお力になれればと、くまねこ堂ブログの方でも記事として取り上げさせていただきました。

「アルファー 1500 スポーツクーペ」

何かご存じの方は是非くまねこ堂にまでご一報いただければと思います。

by タノ


人気ブログランキングへ

神奈川県鎌倉市にて、痩石の掛け軸をお譲りいただきました


人気ブログランキングへ

神奈川県鎌倉市で掛け軸をお譲りいただきました。
まことにありがとうございます。
作者は中国の伊痩石と思われます。

DSC01601
馬の疾走感が伝わってくる作品です。:dog:
画面下半分の余白がいいですねえ。書き込みがないことで想像が膨らみます。

ナカゴン

 


人気ブログランキングへ

東京都大田区糀谷にて、小川芋銭の掛軸をお譲りいただきました。


人気ブログランキングへ

 

東京都大田区糀谷にて、小川芋銭の掛軸をお譲りいただきました。

大田区 小川 芋銭 掛軸 達磨

達磨が描かれております。

他にHOゲージなどもお譲りいただきました。

 

ドラえもんで「だるま」といえば

てんとう虫コミックス18巻『あの日あの時あのダルマ』ですね!

のび太くんのおばあちゃんとの思い出を描いたストーリーです。

読むたびに涙がこぼれます。

ぜひぜひご一読を!! 

ニーミン:wakaba: 

 


人気ブログランキングへ

神奈川県鎌倉市にて、中国物の掛け軸をお譲りいただきました


人気ブログランキングへ

 

 神奈川県鎌倉市にて、中国物の掛け軸をお譲りいただきました。

 

DSC01552

 

日本の掛け軸の軸頭(軸先)は形がフラットですが、

中国物は絵柄が入っていたり、形状にも種類があり装飾的なものが多いそうです。(くまきちさん談)

 

DSC01551

 

↓ 出っ張っていないタイプ。軸に絹糸の生地がまかれています。

DSC01556

DSC01554

 

↓ シンプルですが、先が広がっていたり、丸くなっていたり。

DSC01558

DSC01557

 

 

巻いてある掛け軸を広げる前にこの軸頭(軸先)をチェックすると、

中の書画が日本のものか中国のものか見当がつくというわけですね!:neko:

 

byキョーコ

 

 


人気ブログランキングへ

1 / 212

PAGE TOP

電話受付メールでのお申込みはこちら