煎茶道具

中国(清、支那)陶器、陶磁、煎茶器、水注、文物局の鑑定蝋印入り急須など骨董品を買い取らせていただきました!

中国 急須中国 急須

 

こちらの商品は清時代頃に制作されたと推測が出来る急須で、菊の花と「茶影話詩」という四字熟語があしらわれており、素朴さの中に時代を感じさせて、いい雰囲気を醸し出しております。

 

急須 蝋印

 

続いて、急須の底に目を遣りますと、赤茶色の蝋印が押されておりますが、こちらがポイントになります!!

 

実は中国の骨董品、国外への持ち出しが制限されていることはご存じだったでし ょうか? そもそも1960年に施行された「文化財輸出鑑定参考基準」から輸出制限が開始さ れ、現在では旧法令は廃止されておりますが、2007年に公布された「中華人民共 和国文物保護法」「中華人民共和国文物保護法実施条例」に基づいて制定された 「文化財の海外持ち出し審査基準」によって、中国の骨董品は現在も国家から守 られております。 (文物=中国語で文化財、文化遺産、骨董品などを指します)

 

その基準も例えば陶器ばかりではなく、化石から書画、紙幣、書籍、レコードに 至るまで、こと細かく分類がなされており、さすがは四千年の歴史!骨董大国な らではですね。

 

まず中国文物局に集められた骨董品は、文物局内に設置されている文物鑑定セン ターの専門家によって鑑定がなされ、これら基準に引っかからなかった骨董品が、 国営の骨董品屋(文物商店)に並ぶわけですが、、、 この文物局での鑑定を受けたというオフィシャルな証明が、この急須の底に押さ れてあります「鑑定」蝋印になります! 通称は「梅干しマーク」というのだとか。

 

従って、この蝋印が押してある場合は国外に持ち出すことが証明された商品であ り、特に税関で問われることはないということです。 (ニセモノの蝋印もあるらしいのでご注意を!)

 

当然のことながら国営の骨董品店ばかりではありませんので、民間の骨董店で購 入した商品をそのまま税関に持ち込むと、税関で面倒なことになるかも…わから ないので、中国文物局で鑑定書を発行してもらうことをオススメします!

 

くまねこ堂では、中国文物局による正規の鑑定蝋印が押してある骨董品も積極的 に高価買取させていただいております。

 

こばちゃん

 

加賀蒔絵師 中村宗尹作 大棗「月に藤袴」をお譲りいただきました


人気ブログランキングへ

 

加賀蒔絵師 中村宗尹作 大棗「月に藤袴」をお譲りいただきました。

誠にありがとうございました。

nakamura souin

中村宗尹(なかむら そういん )「月に藤袴」

 

蓋の藤袴のつぼみの一部には象嵌の細工が施されていました。

藤袴は秋の七草のひとつ、季節ものですね。

byキョーコ

 


人気ブログランキングへ

麻の葉模様が美しい祥雪堂造の古い鉄瓶をお譲りいただきました


人気ブログランキングへ

 

麻の葉模様が美しい祥雪堂造の古い鉄瓶をお譲りいただきました。

tetsubin asanoha

 

レースのように繊細な麻の葉紋様が全体を覆っており、大変丁寧な造りです。

ふくよかな胴回りにひだが効いています。

これまで鉄瓶とご縁がなかった私も思わずお持ちかえりしたくなった一品です!

ほれぼれ。。。

byキョーコ

 


人気ブログランキングへ

古南部鉄瓶、金龍堂造の牡丹花紋 福袋形尾垂形をお譲りいただきました


人気ブログランキングへ

 

 古南部鉄瓶、金龍堂造の牡丹花紋 福袋形尾垂形をお譲りいただきました。

誠にありがとうございました。

tetsubin nanbu

 

銅はふっくらと袋状に造形してあります。ステキですねえ。。。

 

この折にいくつかご紹介させていただきます。

byキョーコ

 


人気ブログランキングへ

東京都武蔵野市で、南部鉄器の豆鉄瓶をお譲り頂きました。


人気ブログランキングへ

 

東京都武蔵野市で、南部鉄器の豆鉄瓶をお譲り頂きました。

昨日より更におチビな豆鉄瓶のご紹介です。

画像だけだとサイズがわかりづらいですね。

こんな時にタバコの空き箱は便利です。

(くまねこ堂に喫煙者はいませんが、撮影用に常備しています。)

高さは約3.5センチくらい。かわいいです。:heart:

 

赤い色(カラー)鉄瓶の方でも高さは7センチほどですので豆鉄瓶です。

蓋の上には桜模様、胴体は桜の木肌のようです。(南部特製)

 

  

チビ豆鉄は両方とも霰文で、小さくとも細部までしっかり作られています。

 

 

子どもの頃、佐藤さとるのコロボックル物語が大好きでした。

私たちの周りには本当にコロボックルがいると信じていたものですから、よく庭の草陰を探しました。

結局蛙ぐらいにしか会えませんでしたけれど、、、:otya:

ミニチュアのものを目にすると、「コロボックルが使うかもしれない、、、」と思ったものです。

鉄瓶だってきっと喜ぶと思います。

 

次回は通常サイズの鉄瓶をご紹介いたします。:wa-i:

byキョーコ 


人気ブログランキングへ

東京都武蔵野市で、鉄瓶(黒豆鉄)をお譲り頂きました


人気ブログランキングへ

 

東京都武蔵野市で、鉄瓶(黒豆鉄)をお譲り頂きました。

サイズは一番大きい物で直径約10.5センチ、小さい物で約9.5センチです。

 急須サイズですので、普段使いで丁度良さそうです。

 

↓ 体型ぽってり、桜文 がかわいらしいです。


↓キリッとしてます、南部白新堂


↓ お馴染み文福茶釜(南部) 


 狸がなにか叫んでいるような。。。

やはり「熱い!:cat_5:」と言っているのでしょうか。

 

 

鉄瓶は模様も形も実に様々。

次回も引き続き豆鉄をご紹介いたします。

 byキョーコ


人気ブログランキングへ

東京都文京区で、古い錫製品 紫銅色雪輪形の茶托をお譲り頂きました


人気ブログランキングへ

 

東京都文京区で、古い錫製品 紫銅色雪輪形の茶托をお譲り頂きました。

一箱に5枚ずつの計10枚揃いです。

 

 

チラリ。裏側のプロポーションもなかなか良いです。 :wa-i:

 

雪輪形とは、6角形の雪の結晶を図案化した文様で、縁の6か所に小さな丸模様が入っています。

煎茶器以外にも皿や鉢などにはこの文様がたくさん見られるかと思います。

雪は豊作の前兆/吉兆であったそうなので、とても縁起の良い柄なのでしょう。

 

この茶托、明るい色の机に置きますと、丸く開いた穴の部分が際立ってステキです。:wa-i:

 

木箱でなく紙箱だったのですが、角にはヤブレ止めに金具がつけられているお陰で、いずれにもヤブレはありませんでした。ちょっとしたことですが細部まで気が行き届いていて粋だなと思いました。:kaomoji7:

byキョーコ 

 


人気ブログランキングへ

東京都杉並区で、古い黄銅のいぶし銀茶壺/茶入れをお譲り頂きました

 
人気ブログランキングへ

 

東京都杉並区で、古い黄銅のいぶし銀茶壺/茶入れをお譲り頂きました。

打出丸鎚目文で、 底には、「いぶし銀 黄銅 銀川堂」と彫られています。 

 

 

経年により黒く変色していますが、ふたの内側に光沢が残り当時の面影が、、、

黄銅( 真鍮 )は金色の光沢をもつことから、金の代用品として仏具や金管楽器、工業用品などにも使われてきました。鋳造・加工が容易なのだそうです。

この茶壺はいぶし銀とも銘が入っていますから、外側がいぶし銀の落ち着いた仕上げに対し、内側に黄銅の金の光沢が入り、色彩のコントラストが見られたのかなと想像します。

 

そして、茶壺と言えば、、、子どもの頃に「ずいずいずっころばし~茶壺に追われてドッピンシャン」なんて意味も分からず歌っていませんでしたか?この歌詞には以下のような由来があるのだそうです。

「江戸時代、現在の京都府宇治市の名産品である宇治茶を徳川将軍家に献上するための茶を詰めた茶壺を運ぶ行列が行われ、東海道や中山道の街道筋では「茶壺道中」と呼ばれた。幕末まで続いたこの行事は、江戸時代中期に徳川吉宗の倹約令が出るまでは行列の規模が年々ふくれあがり、その数は一時は数百人から数千人にも達したという。田舎の大名行列を凌ぐ茶壺の行列の様子は、現代でも童歌のずいずいずっころばしで歌い継がれている。」(Wiki)

由来については諸説あるようですが、茶壺道中なるものがあったのは事実。

今では考えられませんね!

byキョーコ

 


人気ブログランキングへ

PAGE TOP

電話受付メールでのお申込みはこちら