お茶道具

奥州山形鋳物の伝統を受け継ぐ日本伝統工芸士「菊池政光」の鉄瓶をお譲りいただきました@杉並区高円寺


人気ブログランキング

鉄製の調理器具に若い人たちの注目が集まり始めたのはつい最近のことだと記憶しています。

調理器具でいえば「ダッチオーブン」や「スキレット」といった鉄製のフライパンやお鍋なんかが人気ではないでしょうか。
鉄器ならではの重厚感と、テフロン加工ではかからないちょっとした手間にいとおしさを感じるのだと私は思います。

日本にも鉄器といえば南部鉄器、といえるほどの鉄器がありますよね。
こちらも最近では、鉄器=黒色、とイメージを払しょくするようなカラフルな鉄器がでていて
結婚祝いなどでプレゼントされたりなど再注目されているようです。

ただ、今回紹介するのは日本伝統工芸士「菊池政光」による鉄瓶です。
いかにも鋳物のヴィジュアルです。

DSC05230

今回鉄瓶に関して調べるうちに、いわゆる南部鉄器と関西の鉄瓶というのは少し違いがあるようなのです。
何が違うのかというと
南部鉄器はフタとつまみが一体型なことにたいし
関西の鉄瓶は銅製のフタに梅のつぼみのつまみがくっついていて、なおかつ鳴り金がついている

これが構造上の大きな違いだそうで、日常使いならどちらでもいいそうなのですが
茶道で用いられる場合は南部鉄瓶ではなく、関西の鉄瓶なんだそうです。

なんで南部鉄器だとダメなんでしょうか。
フタがあっちくなりすぎてしまうんでしょうか。

DSC05231

 

つまみの部分もかわいく(写真撮り忘れました....)

要所要所で小さな気配りのあるデザインというのはいかにも日本的な感じです。

 

ヨシダ

 

 

 

人気ブログランキング

貴金属、お茶道具、煎茶道具、カメラ等を神奈川県横浜市港南区にてお譲りいただきました。


人気ブログランキング

 

DSC05113

 

これまでと毛色が変わってルーニーテューンズの特大フィギュアです。

今でも子供から大人まで親しまれて第一線で活躍する世界的人気キャラクターバッグス・バニーとルーニー・テューンズですがその歴史は古くなんと戦前から活動しています:shock:

ディズニーとよく似ているタッチの絵柄だなーと当時の幼い私は思っていたのですがルーニーテューンズはこの長い歴史の中でいくつかの作品は著作権の更新に失敗しパブリックドメインとなりました。
その中のひとつ、数ある作品の中でも問題作と言われる"All This And Rabbit Stew"というものがあります。

アメリカン・アニメーションのタッチはもともとキャラクターの特徴を誇張している場合が多いと思われますが
それが特に顕著に表れてしまい、差別的な形状にまで盛られたキャラクターが問題視され自主規制という形をとりました。
(話の内容はそこまで過激ではないのですが、大人が見ればわかるような内容です。youtubeに流れているのでぜひ見てください)

そんなこんなで、そういった表現でお蔵入りになった作品は11本。
“Censored Eleven”と呼ばれてます。

この中にはいかにも戦争中!というような作品もあり、反日プロパガンダが詰め込まれたようなものまで...

アメリカン・アニメーションの中で風刺を描くというのはもはや文化に近いものなのかもしれませんね。

ヨシダ


人気ブログランキング

リピーターのお客様から白檀、線香、高橋道八、急須、輪島塗、茶器、茶掛、お茶道具、木彫仏像、銀杯、掛け軸、リトグラフ、吉川観方をお譲りいただきました@埼玉県さいたま市大宮区


人気ブログランキング

 

埼玉県さいたま市大宮区のリピーターのお客様から白檀、線香、高橋道八、急須、輪島塗、茶器、茶掛、お茶道具、木彫仏像、銀杯、掛け軸、リトグラフ、吉川観方をお譲りいただきました

 


disney mickey book

 

本日は昭和25年に毎日新聞社から発行された「ミッキー・マウスのアメリカ旅行」のご紹介です。

この年代のミッキーは今のミッキーに比べると若干ネズミよりのヴィジュアルをしていますね。かわいいです。

パラパラと読んでみたのですが、アメリカ漫画読本と子供用の本のように書かれていますが、個人的にはだいぶしっかりした内容の為、対象年齢も比較的高いと推測します:roll:
しかも、この本が不思議なのは訳者が書かれていないところです。
普通なら外国の本は「訳者」の方の名前が書いてあるのにこれには書いていません。

毎日新聞社の人がコツコツ訳したのかしら.....と思えるような箇所がいくつもあります。

たとえば「fried egg=たまごのフライ」と訳されている箇所はご存知「目玉焼き」ですよね。
卵のフライもないこともないのかもしれないですが、話の前後から「目玉焼き」で間違いないと思われます。

他には「ポップコーン」の説明も入っていました。
ポップコーンは<トウモロコシをふくらませたもの、ばくだんあられ>という注がはいっていました。
なかなか興味深い表現方法です。ばくだんあられ....

他にも「トロンボーン<いわゆるラッパの一種>」だったり「グレープフルーツ<果物の一種>」といったようにカタカナの言葉には注が入ります。
こういったところに60年程前の歴史を感じますね。
あとはここには書けませんが今では使われない差別用語も普通に書いてあったりもして.....

だいぶ昔の本のためだいぶイタミがある商品ではありますが、アメリカの話しをしている本のはずなのに何故か日本の当時の歴史も感じられる内容となっています。:hei01:
ヨシダ


人気ブログランキング

★埼玉県川口市 お茶道具、お酒(マオタイ酒等)、銀杯、全集、中国古典等をお譲りいただきました!

今回は三井物産の初代社長である益田孝(鈍翁)の書などをお譲りいただきました!

 

近代の実業界を代表する大物である益田孝(嘉永元年~昭和13年 享年満90歳)の経歴を簡単に見てみると…

江戸時代にアメリカ公使館に勤務、そしてヨーロッパを訪れ、明治維新後は大蔵省を経て世界初の総合商社・三井物産の初代社長に就任。茶人としても知られて「近代 小田原三大茶人」の一人として数えられていたのだとか。

江戸時代にすでに世界を見てきたすごい方なんですね…
雅号には「鈍翁」のほか「蘇生山人」「雲外山人」「観濤」などがあるということです。

今回買い取らせていただきました品は、そんな益田孝が最晩年に書いた短歌で

「細流  音もせず 小笹くぐりて 流れゆく 水の心の 静かなるかな  九十一波 孝」

と、死期を悟っていたのか、穏やかな日々と心境を重ね合わせたような言葉が印象的です。

IMG_1180

そこで気になるのは「享年90歳」とあるのに、書には「91」と書いてあるトコロ!

勿論、ニセモノなんかではございません!

 

戦前まで、年齢は「数え年」だったのです!!!

わかりやすく言うと「0歳」がなく、生まれたときには既に「1歳」からはじまる訳です。

従って、数え年が91歳ということは、満90歳。

まさに亡くなった年に書かれた書ということになりますね。

 

くまねこ堂では茶道具をはじめ、江戸・明治・大正・昭和に描かれた掛軸、短冊、日本画、油彩絵画などを買取させていただいております。

 

こばちゃん

書道道具、書道本、お茶道具を買取りさせていただきました【杉並区上高井戸】


人気ブログランキング

三連休ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

DSC03364

 

 

夏はあまり得意ではないんですが、楽しいイベントがたくさんあるのが夏なのでなんだか嫌いになり切れません....

私は今年はキャンプと、バーベキューです:ecoemoji2:

あとは温泉とお蕎麦ですね~:b_body_jump:

吉田


人気ブログランキング

如意紋や屈輪具利紋の古い蓋物の堆朱/堆黒の香合茶入を買取いたしました。[東京都品川区にて]


人気ブログランキングへ

 

東京都品川区にて、中国ものの古い蓋物の堆朱/堆黒の香合・茶入を買取りいたしました。

誠にありがとうございました。

chinese tsuishu tsuikoku kogo chaire

如意紋や屈輪具利などの紋様です。

屈輪具利の方は層の上段の方に金が入っており、手の込んだものでした。

byキョーコ

 


人気ブログランキングへ

千葉県流山市にて、常滑焼・三代山田常山の茶注をお譲りいただきました


古美術・骨董 ブログランキングへ

千葉県流山市にて、常滑焼・三代山田常山の茶注をお譲りいただきました。

誠にありがとうございました。

山田常山 茶注 流山

茶注の中でもこの形は絞り出しの「宝瓶」と言われるそうです。
持ち手が無く、シンプルな形ですね。

 ドラえもんは、どら焼きを食べる際にお茶を飲むときとのまないときがあります。
さらに、てんとう虫コミックス10巻では、ソーダ片手にどら焼きを食べています。

神奈川県川崎市にある「藤子・F・不二雄ミュージアム」2階のまんがコーナーにいるドラえもんは、お茶を飲みながらどら焼きを食べております。

 「藤子・F・不二雄ミュージアム」にも、ぜひ足をお運びください! 

ニーミン:wakaba:

 


人気ブログランキングへ

千葉県流山市にて、人間国宝・三代山田常山の急須をお譲りいただきました


古美術・骨董 ブログランキングへ

千葉県流山市にて、常滑焼・三代山田常山の急須をお譲りいただきました。

誠にありがとうございました。

山田常山 急須

個人的な話ですが、私の出身地が常滑市と同じ知多半島なので、常滑焼には親しみがあります。
実家にも、常滑焼のたぬきの置物がありました。

「たぬき」と言えばドラえもんですね。

「ドラえもん」ぜひご一読を!


人気ブログランキングへ

千葉県流山市にて、人間国宝・島岡達三の象嵌湯呑をお譲りいただきました


古美術・骨董 ブログランキングへ

千葉県流山市にて、人間国宝・島岡達三の象嵌湯呑をお譲りいただきました。

誠にありがとうございました。

島岡達三 象嵌湯呑 流山

昨日に引き続き、島岡達三のご紹介になります。
こちらも人間国宝に認定される前の作品です。

 

ドラえもんで 「象嵌」と言えば
てんとう虫コミックス35巻「空ぶりは巻きもどして・・・」に出てくる
「うる星ケニヤ」に出てくる主人公が乗っているいるのが象ですね。

スネ夫がコネで手に入れた、公開前の長編映画のうる星ケニヤ。
のび太くんは「またスネ夫の自慢だ。」と観にいくのを断りますが、ドラえもんは一人でスネ夫くん家に行きます
とても微笑ましく感じました。

ぜひご一読を!

 ニーミン:wakaba:

 
人気ブログランキングへ

町田市にて人間国宝 松井康成の灰釉茶碗(盌)をお譲りいただきました


人気ブログランキングへ

 

人間国宝 松井康成の灰釉茶碗(盌)をお譲りいただきました。

誠にありがとうございました。

 

matsui kousei chawan

 

作家についての詳細はニーミン編集の紹介ページをご参照ください。

 

本日ご紹介の茶碗は松井康成が人間国宝になるより以前の作品で、なにかの記念にいただいたもののようです。

共箱の中の説明書きには昭和48年7月の日付が書かれていました。

 

byキョーコ

 


人気ブログランキングへ

加賀蒔絵師 中村宗尹作 大棗「月に藤袴」をお譲りいただきました


人気ブログランキングへ

 

加賀蒔絵師 中村宗尹作 大棗「月に藤袴」をお譲りいただきました。

誠にありがとうございました。

nakamura souin

中村宗尹(なかむら そういん )「月に藤袴」

 

蓋の藤袴のつぼみの一部には象嵌の細工が施されていました。

藤袴は秋の七草のひとつ、季節ものですね。

byキョーコ

 


人気ブログランキングへ

神奈川県鎌倉市にてお譲りいただきました染川鐡之助(鉄之助)の作品、第2回です。


人気ブログランキングへ

 

昨日に引き続き、鎌倉市のお客様からお譲りいただいた、工芸家(鋳金) 染川鐡之助(鉄之助)の作品をご紹介いたします。

朱銅 双嘴 一輪挿

朱銅 双嘴 一輪挿

箱には「しゅどう そうし いちりんざし」とあります。

ユーモラスな形

ユーモラスな形

なるほど、朱い銅の色、二つのクチバシのような突起がございます。
前回取り上げた、人の顔の形をした一輪挿同様、丸みを帯びた形状がとてもユーモラスでかわいらしいです。

ナカゴン

 


人気ブログランキングへ

神奈川県鎌倉市にて染川鐡之助(鉄之助)の一輪挿しをお譲りいただきました。


人気ブログランキングへ

神奈川県鎌倉市のお客様より、工芸家(鋳金)にして日展評議員の染川鐡之助(鉄之助)の一輪挿しをお譲りいただきました。

まことにありがとうございます。

染川鐡之助の作

染川鐡之助の作

箱の真ん中に「鐡之助」と書いてあるのですが、
筆者はなかなか読めませんでした。
「蟻」かな、「議」かななどと思案しておりましたところ、
キョーコさんに教えていただきました。ありがとうございます。

えも言われぬ素朴な表情

えも言われぬ素朴な表情

こちらが一輪挿しでございます。
二つ(二人?)の素朴な表情に愛おしさすら感じてしまいました。

ナカゴン

 


人気ブログランキングへ

神奈川県鎌倉市にて、一之瀬宗辰作の唐銅 曽呂利 花入をお譲りいただきました


人気ブログランキングへ

 

神奈川県鎌倉市にて、一之瀬宗辰作の唐銅 曽呂利 花入をお譲りいただきました。

ichinose sotatsu1唐銅+

唐銅(からかね)鶴首の花器です。

唐銅とは、古銅や胡銅と同じく、銅を主体とした錫や鉛の合金です。
時間の経過とともに黒色に変化していきます。

 

byキョーコ

 


人気ブログランキングへ

東京都港区にて、細川司光作 花兎蒔絵 雪吹 内銀地をお譲りいただきました。


人気ブログランキングへ

 

東京都港区にて、細川司光作 花兎蒔絵 雪吹 内銀地をお譲りいただきました。

 

hosokawa siko 2-2+

 

前回ご紹介の大棗と同じ作家さんの作ですが、こちらは花兎文様による軽やかな雰囲気の棗となっています。

蓋の甲には金がかぶせてあり、まるで満月のようです。

 

花兎の図案は、中国、インド、スキタイの国々から室町~桃山時代にかけて渡来した織物の文様で、

植物と動物、すなわち静と動とを組み合わせる文様形式は古く中国で好まれたものだそうです。

日本では茶人たちに大変愛好されました。

 

細川司光
1941年 石川県生まれ
1969年 山中町漆器蒔絵師見習い
1974年 蒔絵師として独立
1978年 山中町漆器工芸展入選
1983年 山中町漆器蒔絵師作品展で最優秀賞受賞

 byキョーコ

 


人気ブログランキングへ

東京都港区にて、細川司光作 塩釜蒔絵大棗 内梨子地をお譲りいただきました。その1

人気ブログランキングへ

 

東京都港区にて、細川司光作 塩釜蒔絵大棗(なつめ) 内梨子地をお譲りいただきました。その1

 

hosokawa siko 01

 

浜一面の松にはふっくらと金が乗り、浜辺の小舟の荷は螺鈿で表わされています。

 

塩釜蒔絵は、かつて日本各地の浜辺で行われていた製塩の様子を、

海辺ののどかな風景としてと図案化したものです。

(宮城松島近くの塩竈の浦を描き表わした、とする説もあるようです。)

 

細川司光
1941年 石川県生まれ
1969年 山中町漆器蒔絵師見習い
1974年 蒔絵師として独立
1978年 山中町漆器工芸展入選
1983年 山中町漆器蒔絵師作品展で最優秀賞受賞

 

byキョーコ

 

 
人気ブログランキングへ

東京都台東区にて、十二代田原陶兵衛造 深川萩 水指をお譲りいただきました


人気ブログランキングへ

 

東京都台東区にて、十二代田原陶兵衛造 深川萩 水指をお譲りいただきました。

鵬雲斎書付けです。

taharatobei_01

 

 

拝見する角度によって表情が変わり、全体的に優しくおっとりとした雰囲気があります。

 

同封されていた栞によると、

「深川焼きの田原家は、元赤川姓、先祖は文禄、慶長の役で李朝より渡ってきた陶工・李勺光の弟子赤川助左衛門で、萩藩御用窯三之瀬焼物所開窯者の一人である。

復員後兄について陶技を磨き、昭和31年に12代陶兵衛を襲名。

~省略~

茶道にも精通し、陶兵衛井戸、粉吹などに、謙虚、温厚な人柄が忍ばれる作品が多い。」

とあります。

 

十二代 田原 陶兵衛(たはら  とうべえ)

1925年 山口県長門市に生まれる。
1944年 旧制山口高等学校在学中に召集を受け、満州に渡る。
1945年 シベリア抑留。
1948年 抑留先のシベリアから復員。長兄11代田原陶兵衛に後継者不在の為家業を継承。
1956年 12代田原陶兵衛を襲名。
1972年 日本工芸会正会員。
1981年 山口県の無形文化財保持者に認定。
1991年 66歳没。

 (略歴はWikipediaを参照させていただきました)

 

byキョーコ

 


人気ブログランキングへ

東京都新宿区にて、佐渡蝋型鋳金名工 本間琢斎作 蝋型宣徳銅器の香炉をお譲り頂きました

 
人気ブログランキングへ

 

東京都新宿区にて、佐渡蝋型鋳金名工 本間琢斎作 蝋型宣徳銅器の香炉をお譲り頂きました。

 

梅に鶯 でしょうか。

takusai kouro 01

 

 

佐渡蝋型鋳金は、県指定文化財、無形文化財です。

はじまりは、初代本間琢斎(ほんまたくさい)が弘化4年(1847年)に佐渡奉行中川飛騨守より委嘱されて大砲を鋳造し、砲身の模様を蝋型で鋳造したことであると言われています。

明治維新後は、工芸美術品として花瓶・文房具・仏具・香炉などを制作、その芸術性を高く評価され内外で数々の賞を受賞。

佐渡の鋳銅作家には、初代に師事した二代本間琢斎(~1904)、初代宮田藍堂(1855~1919)や真藤玉真、清水湘斎、三浦研斎、土屋宗益らがいます。

なお、初代宮田藍堂門下には、後に重要無形文化財技術保持者として認定された佐々木象堂(1884~1961)がいます。

 

本日ご紹介の本間琢斎は、現在6代目が技術を継承し、ご活躍です。

 

(上記は「佐渡の歴史・文化・自然」内、指定文化財のページや、「新潟県生涯学習情報提供システム」内、佐渡蝋型鋳金のページを参考にさせて頂きました。)

 

byキョーコ 

 


人気ブログランキングへ

東京都杉並区にて永樂善五郎の仁清写 柳に鞠茶碗をお譲り頂きました。


人気ブログランキングへ

 

東京都杉並区にて、永樂善五郎の仁清写 柳に鞠茶碗をお譲り頂きました。

永樂(永楽)善五郎は前回に引き続きのご紹介になります。

箱の書き付けは同じく鵬雲斎です。

eirakuzengoro marichawan01

 

 

永樂善五郎については前回のブログ内で少々触れさせていただいております。

 

このお宅様からは他にもステキなお品をたくさん買取りさせていただいたのですが、

あれもこれも目移りしながらご紹介している寄り道だらけの当ブログ。

今日、またしてもくまきちさんから興味深いお品を拝見してしまったので、

次回はそちらをご紹介させて頂きます。

 

どうぞお楽しみに!

 byキョーコ

 


人気ブログランキングへ

東京都杉並区にて永樂善五郎の黄交趾 菊唐草菓子鉢をお譲り頂きました。

 
人気ブログランキングへ

 

東京都杉並区より永樂(永楽)善五郎の黄交趾(こうちやき) 菊唐草菓子鉢をお譲り頂きました。  

eirakuzengorou_01

 

永樂善五郎は京焼の家元であり、名誉ある千家十職※(せんけじっそく)の家筋です。

※千利休を祖とする表千家・裏千家・武者小路千家・三千家の家元が使う茶道具を作る家筋十家のこと。

共箱にある花押は鵬雲斎でしょうか。

 

永樂(楽)善五郎(初代から九代は西村姓)

室町時代、初代宗禅は奈良の西京西村に住み、春日大社の供御器を制作。

晩年には武野紹鴎からの依頼で土風炉を制作、土風炉師善五郎を名乗る。

二代宗善は堺に、三代宗全以降は京都に住む。

小堀遠州の用命を受けた際に「宗全」の銅印を拝領、以後九代まで作品に「宗全」印を捺用。

1788年天明の大火で家屋敷や印章を焼失するも、三千家の援助で十代了全再興。

十一代保全は1827年、紀州藩十代藩主徳川治寶の別邸西浜御殿の御庭焼開窯に招かれ、「河濱支流(かひんしりゅう)」の金印「永樂」の銀印を拝領。以降、「永樂」の印章を用いると共に十二代和全の代から永樂姓を名乗る。(のちに十代了全と十一代保全も永樂の名で呼ばれている。)

Wikipediaを参考にさせていただきました)

 

現在は十七代目です。

十七代 永樂善五郎氏のHPを拝見しましたら、

東京芸術大学でまず日本画科を卒業、その春同大学大学院の工芸科陶芸専攻に入学し翌年修了されていました。

絵付けも大変緻密で美しいわけですね。。。

 

つづく 

byキョーコ


人気ブログランキングへ

東京都内にて、三代 佐々木二六の二六焼、細密片口茶碗と沢蟹刻湯呑をお譲り頂きました

 
人気ブログランキングへ

 

東京都内にて、三代 佐々木二六の二六焼、細密片口茶碗と沢蟹刻湯呑をお譲り頂きました。

 

ひゃー、ステキ。。。ドキドキ

小振りな沢蟹刻湯呑は直径約7センチ、高さは5.5センチほど。

沢蟹が2匹、こちらの様子を窺っているようです。  

 

 





ニ六は湯呑、茶碗、急須、水差し、花器などにもよく蟹を登場させています。

 

こちら、片口茶碗には細密な彫りが施されています。

たった約3センチ四方の中に、木立と東屋の風景が。

まるで物語の一場面がひっそり立ち現れたようです。

 

 

 

 

ろくろを使わない技法だからでしょうか、手仕事のぬくもりが伝わってくるなんとも素朴なたたずまいです。

  

愛媛県生涯学習センターさんのweb siteに三代 佐々木二六についての記述がありましたので、参照させていただきます。

三代 佐々木二六(1857-1935/明治-昭和期の陶工)
昭和7年(1932年) 旧制三島中学校卒業後、初代・2代のもとで陶磁器製造に従事

昭和15年(1940年) 三代目佐々木二六を襲名

昭和34年(1959年)~ 干支置物も製作、皇太子殿下の御成婚を祝して「おもと」を献上

昭和37年(1962年) 伊予三島市無形文化財指定

平成6年(1994年) 「陶磁器焼成工」として卓越した技能者「現代の名工」の労働大臣表彰受賞

ロクロを使わず竹ヘラ1本を使って緻密(ちみつ)な細工を施す伝統的な技法を受け継いでいる。「心を彫る」を信条とし、人物、仏像をはじめ、おもと・天神ガニ・ネズミなどの動植物を生きている姿のようにとらえ、土の上に再現している。特に、釉薬の研究に力を注ぎ色彩に独創性を発揮している。 

※初代 佐々木二六・・・宇摩郡村松村(現四国中央市村松町)出身。本名六太郎。代々瓦製造に携わる家に生まれる。徳島で、熊本の生人形に出会ったことから人形制作に興味を持つ。その後、焼物を志し、各地の窯元を訪れて、研究を重ねる。明治20年、相馬焼に着想を得て、村松村に二六焼を創設する。以後、内外の展覧会、博覧会に数多く出品し、何度も受賞。宮内省への献上もあった。へらで形づくり、独特の彩色と釉薬を施した写実的な人物、万年青などの植物、蟹や虎などの動物を得意とした。

(以上愛媛県生涯学習センターweb site参照)

 

くまきちさんが参考までにに真葛香山の壺も見せてくださいました。

従業員でしばし鑑賞会。:neko:

いろいろあります。くまねこ堂!

byキョーコ 


人気ブログランキングへ

1 / 212

PAGE TOP

電話受付メールでのお申込みはこちら