埼玉県さいたま市

埼玉県さいたま市中央区 遺品買取 遺品整理 生前整理

さいたま市中央区で遺品整理をしたい方へ くまねこ堂が故人様が愛用していた古い品や収集品を適正価格で査定致します。 くまねこ堂では、すべての遺品を買い取れるわけではありませんが、回収・処分業者に費用をかけて処分する前にご相 ...

埼玉県さいたま市大宮区 遺品買取 遺品整理 生前整理

さいたま市大宮区で遺品整理をお考えの方へ くまねこ堂は故人様の大事にしていた古い品を適正価格で査定します。 くまねこ堂は遺品すべてを買い取れるわけではありませんが、費用と時間をかけて回収・処分業者に頼んで処分する前にご相 ...

埼玉県さいたま市北区 遺品買取 遺品整理 生前整理

さいたま市北区での遺品整理をご希望の方へ 故人様が大切にされていたコレクションを査定し、適正価格をご提示致します。 くまねこ堂では、すべての遺品を買い取れるわけではありませんが、回収・処分業者に費用をかけて処分する前にご ...

埼玉県さいたま市浦和区 遺品買取 遺品整理 生前整理

さいたま市浦和区で遺品整理をお考えの方へ 故人様が大切にされていたコレクションを査定し、適正価格をご提示致します。 くまねこ堂は遺品すべてを買い取れるわけではありませんが、費用と時間をかけて回収・処分業者に頼んで処分する ...

埼玉県さいたま市 遺品買取 遺品整理 生前整理

さいたま市での遺品整理業者をお探しなら 遺品整理業くまねこ堂が故人様が愛用していた古い品や収集品を適正価格で査定致します。 遺品整理業くまねこ堂は遺品すべてを買い取れるわけではありませんが、費用と時間をかけて回収・処分業 ...

★リピーターのお客様★ 埼玉県さいたま市大宮区吉敷町にて、カップ&ソーサー、アラビア、リサラーソン、洋食器、中里太郎右衛門、郷土玩具、蕎麦猪口、外国コイン、古銭、ふくろうの置物をお譲りいただきました!


人気ブログランキング

埼玉県さいたま市大宮区吉敷町にて、カップ&ソーサー、アラビア、リサラーソン、洋食器、中里太郎右衛門、郷土玩具、蕎麦猪口、外国コイン、古銭、ふくろうの置物をお譲りいただきました!
リピーターのお客さまです、いつもどうもありがとうございます(>▽<):heart::heart:

今日はこちらのお品物をご紹介…

清水豆人形

七福神の郷土玩具です!!
こちらは「豆人形」と呼ばれる、大豆サイズの小さな土人形。
京都の清水(きよみず)で売られるものが有名です。

神様ごとの特徴的な衣装や持ち物が、素朴ながら丁寧に描き分けられていますね。
こちらの絵付けは、成型・焼成したあと竹串に刺して行われるそう。
底面にはその穴が残っています。↓

清水豆人形

 

おいおい、ちょっと待て!
七福神と言いながら8体いるじゃないか…!!
と気がついてくださった方、ありがとうございます(*´▽`*)♪
実は同じお宅から、こちらの「木彫りのサンタクロース」もお譲りいただきました。↓
清水豆人形

ちょっと大柄で角ばっていますが、七福神メンバーの仲間にも入れそうな雰囲気…:hoshi1:

横に並ぶのは「大黒天(だいこくてん)」と「布袋尊(ほていそん)」。
彼らはみな、多くの場合大きな白い袋を持った姿であらわされます。
(※こちらの豆人形では、布袋の袋は省略されています)

彼らの袋には、贈り物や幸福、財宝など、ありがたいものがつまっていると考えられるのが一般的です。
でもこれらの神さまの出自を知ると、実は袋を持つようになった事情はさまざまのよう( *´艸`)

例えば大黒天のルーツのひとつは日本神話の神様「大国主命(おおくにぬしのみこと)」ですが、彼はお兄さんたちの荷物(!)を持たされていたと伝えられます。
『古事記』のなかで「因幡の白兎」として知られるエピソードには、兄弟神たちが「於大穴牟遲神負帒、爲從者率往(大穴牟遲神 [おおなむぢのかみ=大国主命のこと]に袋を持たせ、従者のように引き連れた)」と書かれています。
いじめられっ子だったんですね…:ase1:そう考えると、大黒様のニコニコ顔もなんだか健気で切なく見えます。

一方、サンタクロースや布袋は実在の人物をモデルにしていますが、彼らにも興味深いエピソードがたくさん♪
ぜひ調べてみてくださいね。

 

by  クラニャン


人気ブログランキング

リピーターのお客様から白檀、線香、高橋道八、急須、輪島塗、茶器、茶掛、お茶道具、木彫仏像、銀杯、掛け軸、リトグラフ、吉川観方をお譲りいただきました@埼玉県さいたま市大宮区


人気ブログランキング

 

埼玉県さいたま市大宮区のリピーターのお客様から白檀、線香、高橋道八、急須、輪島塗、茶器、茶掛、お茶道具、木彫仏像、銀杯、掛け軸、リトグラフ、吉川観方をお譲りいただきました

 


disney mickey book

 

本日は昭和25年に毎日新聞社から発行された「ミッキー・マウスのアメリカ旅行」のご紹介です。

この年代のミッキーは今のミッキーに比べると若干ネズミよりのヴィジュアルをしていますね。かわいいです。

パラパラと読んでみたのですが、アメリカ漫画読本と子供用の本のように書かれていますが、個人的にはだいぶしっかりした内容の為、対象年齢も比較的高いと推測します:roll:
しかも、この本が不思議なのは訳者が書かれていないところです。
普通なら外国の本は「訳者」の方の名前が書いてあるのにこれには書いていません。

毎日新聞社の人がコツコツ訳したのかしら.....と思えるような箇所がいくつもあります。

たとえば「fried egg=たまごのフライ」と訳されている箇所はご存知「目玉焼き」ですよね。
卵のフライもないこともないのかもしれないですが、話の前後から「目玉焼き」で間違いないと思われます。

他には「ポップコーン」の説明も入っていました。
ポップコーンは<トウモロコシをふくらませたもの、ばくだんあられ>という注がはいっていました。
なかなか興味深い表現方法です。ばくだんあられ....

他にも「トロンボーン<いわゆるラッパの一種>」だったり「グレープフルーツ<果物の一種>」といったようにカタカナの言葉には注が入ります。
こういったところに60年程前の歴史を感じますね。
あとはここには書けませんが今では使われない差別用語も普通に書いてあったりもして.....

だいぶ昔の本のためだいぶイタミがある商品ではありますが、アメリカの話しをしている本のはずなのに何故か日本の当時の歴史も感じられる内容となっています。:hei01:
ヨシダ


人気ブログランキング

さいたま市大宮区にて、土門拳・写真集、ミュシャの複製ポスター、銅製の薬缶、CD、象牙の彫像をお譲りいただきました。


人気ブログランキング
★★
お譲りいただきましてありがとうございます!

これまで続けて戦前の英語教材をご紹介してきましたが、『村井・メドレー ザ・ニュー・アート 英作文詳解』が発行された翌年1937年には盧溝橋事件が起き、日中戦争が勃発します。
その後中国に肩入れしたイギリスやアメリカとも対立が深まり、1940年(昭和15年)に入ると英語は「敵性語」として排斥されるようになりました。野球のストライクが「よし、一本」、サイダーが「噴出水」、パーマが「電髪」などと言い換えられたこともよく知られていますね。
Wikipédiaで紹介されている『写真週報』には「看板から米英色を抹殺しよう」と書かれており、この時期にはとても英語学習どころではなかったと思います。

敵性語

Wikipédiaより
「看板から米英色を抹殺しよう」 昭和18年2月3日付『写真週報』第257号

 

この度お譲りいただいた語学教材も、当時見つかってしまえば持ち主の方は「非国民」のレッテルを貼られ、大変なことになったのではないでしょうか。そんな時代をくぐりぬけ、今に伝わった貴重な資料。
くまねこ堂にお譲りいただきありがとうございました:hoshi1::hoshi1:
大切に取り扱わせていただきます!

 

By クラニャン

人気ブログランキング

おもちゃ、キーホルダー、文房具・ぬいぐるみ・レコード・少女漫画、趣味の本を買取りさせていただきました。【埼玉県さいたま市西区】


人気ブログランキング

michel jackson

 

マイケルジャクソンが日本でライブをした時のグッズのハットとバッジです。

最近、自分の趣味の方が不安になり、折を見てちょこちょこと「アナと雪の女王」や「想い出のマーニー」「ラプンチェル」など
今まで見てこなかった映画を観たりしていました。

別に批判をしているわけではないけど、もっと先に見なくちゃいけないものがたくさんあってそこまで目が回らなかっただけなんですが...

先日、実家に帰ったときに妹が録画してくれた上記の映画を観たところ

まあ楽しいことw
頭を使わずただ楽しいーって感じで
全て2回ずつ見てきました。

吉田

 


人気ブログランキング

音楽・クラシック書籍、鉄道模型、時刻表、外国のコイン等をお譲りいただきました【埼玉県さいたま市】

人気ブログランキング

nagasaki choutarou

なんだか涼しい日が続きますね。

このまま秋になってしまうのでしょうか。。。。。

先日、「川崎長太郎全集」全巻著者直筆サイン入り が入荷いたしました。
私小説作家「川崎長太郎」といえば、そのあまりにも清貧な執筆スタイルで有名だと思います。

正直、私の第一印象は「面白くない」という感想でした。
しかし、「面白くない」というのを含めてもう少しこの文章に付き合ってもいいなー
と思っていると、スルスルと読めてしまう。

この手の本が現代でも残っているのが不思議だ、とさえ思った第一印象に比べると
読み終わってみれば、さもありなん。
なぜか気になる、なぜか読んでしまっている、なぜか手に取っている。
そんな不思議な魅力さえある作者だからこそ、現代にも根強い読者がいる小説家になるんだろうなーと感じます。

 

ヨシダ

 


人気ブログランキング

埼玉県さいたま市にて切手・古銭・ギター&アンプ・扇子・着物帯どめなどを買取いたしました。


人気ブログランキングへ

清瀬市でアメコミ等のフィギュアをお譲りいただきました。

アメコミは今だに映画が大盛況ですね!今後10年くらいは新作が出続けるのではないでしょうか。
アメコミには2トップの出版社が存在します。

DCコミックスとMARVELコミックスです。ご存知の方も多いのでは。
今日アメコミ映画が流行している波の始まりは、おそらくMARVELの「X-men」だと思っております。

しかし、それよりも以前に1作目が公開された「ブレイド」(ウェズリー・スナイプス主演)も忘れてはなりません!
今回のお宅には、ブレイドのフィギュアも多数あり、とてもワクワクしました!!!!

現在のところ、再び映画化するという話は挙がっておりませんが、今後に期待したいです。
もちろんウェズリー・スナイプス版ブレイド3部作も最高です!!!!

ニーミン:wakaba:


人気ブログランキングへ

切手、古銭、ギター&アンプ、扇子、本象牙の着物帯留などを出張買取りいたしました[埼玉県さいたま市]


人気ブログランキング

 

洋画家 楢原健三の 「三四郎池のほとり」 油彩風景画をご紹介いたします。

naraharakenzou oil painting

東京大学本郷キャンバス 内の風景画です。

 

楢原健三(1907~1999 東京生まれ)

東京美術学校油画科で藤島武二に師事し、在学中(1930年)に帝展入選となりました。

受賞多数で、のちに日本芸術院会員で日展顧問を務められました。

 

byキョーコ

人気ブログランキング

埼玉県さいたま市浦和区にて、野見山暁治の年賀状をお譲りいただきました


人気ブログランキングへ

 

埼玉県さいたま市浦和区にて、野見山暁治の年賀状をお譲りいただきました.

誠にありがとうございました。

nomiyama gyouji

昭和50年(1975年)の年賀はがきです。

リトフラフでしょうか。作風を彷彿とさせるタッチです。

 

私も恩師や先輩方から頂く肉筆画や版画の年賀状を“作品”として大事にとってあります!

byキョーコ

 


人気ブログランキングへ

埼玉県さいたま市浦和区にて、梅原龍三郎の肉筆の礼状をお譲りいただきました


人気ブログランキングへ

 

埼玉県さいたま市浦和区にて、梅原龍三郎の肉筆の礼状をお譲りいただきました。

誠にありがとうございました。

umehara ryuzaburo

消印は1976年でしょうか。

御年87才のころかと思われます。

目の具合が悪い旨書かれているようですが、

描かれる絵画のような元気の良い筆跡です!:neko:

byキョーコ

 


人気ブログランキングへ

埼玉県さいたま市浦和区にて、清宮質文のオリジナル年賀状をお譲りいただきました


人気ブログランキングへ

 

埼玉県さいたま市浦和区にて、清宮質文のオリジナル年賀状をお譲りいただきました。

誠にありがとうございました。

seimiya naobumi

昭和48年(1973年)に送られた年賀状です。

几帳面な方だったのでしょうか。

直筆の文面も丁寧ですね。

見習いたいです!

byキョーコ

 


人気ブログランキングへ

埼玉県さいたま市浦和区にて、香月泰男のオリジナル年賀状をお譲りいただきました


人気ブログランキングへ

 

埼玉県さいたま市浦和区にて、香月泰男のオリジナル年賀状をお譲りいただきました。

誠にありがとうございました。

kazuki yasuo

昭和46年(1971年)に送られた年賀状です。

イノシシの表情が香月氏ご本人に似ているように思うのは私だけでしょうか。。。

byキョーコ

 


人気ブログランキングへ

埼玉県さいたま市浦和区にて、絹谷幸二のオリジナル年賀状をお譲りいただきました


人気ブログランキングへ

 

埼玉県さいたま市浦和区にて、絹谷幸二のオリジナル年賀状をお譲りいただきました。

誠にありがとうございました。

kinutani koji

 

昭和52年(1977年)の年賀状です。技法は木版画でしょうか。

絹谷氏の油彩画は原色カラフルな作風で有名ですので、モノクロ画面が新鮮です。

byキョーコ

 


人気ブログランキングへ

さいたま市にて、1973年当時の君島一郎オート・クチュール・コレクションの招待状をお譲りいただきました


人気ブログランキングへ

 

さいたま市にて、1973年当時の君島一郎オート・クチュール・コレクションの招待状をお譲りいただきました。

kimishima ichiro

 

タイトルは”パリ→ローマ→東京”です。

70年代前半にイタリアやフランスから生地を直輸入していた君島一郎氏。

「本ものの贅沢」「着捨てる服でない、オート・クチュールの服」をお目にかけ度く存じご案内申し上げます。とありました。

byキョーコ

 


人気ブログランキングへ

さいたま市にて、昭和30年代当時の美智子皇太子妃の銀塩写真をお譲りいただきました


人気ブログランキングへ

 

さいたま市にて、昭和30年代当時の美智子皇太子妃(現皇后)の銀塩写真をお譲りいただきました。

kougou michiko sama 1

 

写真の裏面には覚書きとして、「聖路加病院で健康診断をうけられた美智子さま 2月2日」とありました。

美しい佇まいでおられます。

byキョーコ

 


人気ブログランキングへ

さいたま市にて、元文時代の官職昇進雙六(すごろく)をお譲りいただきました


人気ブログランキングへ

 

さいたま市にて、元文時代の官職昇進雙六(すごろく)をお譲りいただきました。

kanshoku shousin sugoroku 1

kanshokushousin sugoroku 2

 

一見百人一首かるたの絵柄のように見えますが、当時の様々な職業が勢ぞろいです。

言わば、当時の人生ゲームですね。

byキョーコ

 


人気ブログランキングへ

さいたま市浦和区

の骨董品買取、美術品・古道具の出張買取り実績多数 の骨董品買取、古美術品・古道具の出張買取り実績をご紹介。当店では人間国宝作家、無形文化財作家、帝室技芸員作家の陶芸品・工芸品の買取に力を入れております。また、幅広いジャン ...

1 / 212

PAGE TOP

電話受付メールでのお申込みはこちらスマホで写真を送るだけ! LINE査定はこちら