買取作家

原 清

原 清(はら きよし)は、日本の陶芸家で、鉄釉陶器(てつゆうとうき)の陶工として2005年に人間国宝に認定されました。 鉄釉陶器とは、釉(うわぐすり)に含まれている鉄分によって黒色、茶色、黒褐色、柿色などに呈色する陶器の制作技法です。鉄釉陶器は、別に天目【てんもく】とも呼ばれ、東 ...

≫ 記事の続きを読む

藤本能道

藤本 能道(ふじもと よしみち)は日本の陶芸家で、釉描加彩(ゆうびょうかさい)という独自にあみだした技法が評価され、1986年(67歳)の時に「色絵磁器」の人間国宝に認定されました。 「釉描加彩」とは白磁焼成の本焼前に色釉を用いて絵付けをする独自の描画方法で、藤本は絵画的・立体的 ...

≫ 記事の続きを読む

金重陶陽 買取

金重陶陽(かねしげ とうよう) は日本の陶芸家で、備前焼の陶工としてはじめて人間国宝に選ばれました。 江戸時代、備前焼は金重・木村・寺見・頓宮・大饗・森の『窯元六姓』によって窯が占められており、陶陽はそのうちのひとつ金重家に生まれます。 備前焼は釉薬を一切使わずに堅く焼き固めるの ...

≫ 記事の続きを読む

井上萬二 買取

井上萬二(いのうえ まんじ)は日本の陶工で、重要無形文化財「白磁」の保持者です。 鮮やかな絵付けが特徴の有田焼ですが、井上萬二は白地を最大限に活かした『白磁(はくじ)』の美しさを追求しています。 白い土の上に透明な釉薬をかけて焼き上げガラス質のツヤを出す白磁はとてもシンプルな見た ...

≫ 記事の続きを読む

石黒宗麿

石黒宗麿(いしぐろ むねまろ) は明治から昭和にかけて活躍した陶芸家です。 1955年、重要無形文化財「鉄釉陶器」保持者として認定され、日本初の人間国宝となった作家でもあります。 鉄釉陶器(てつゆうとうき)は別名『天目(てんもく)』と呼ばれる制作技法。鉄分を含んだ釉薬(ゆうやく) ...

≫ 記事の続きを読む

伊藤赤水

五代 伊藤赤水(いとう せきすい)は日本の陶芸家。 無名異焼(むみょういやき)という陶器の陶工として人間国宝に指定されています。 無名異焼は新潟県佐渡生まれの焼き物。無名異という赤土を高温で焼き固めたもので、鉄分を多く含むため金属のような硬さになるのが特徴です。 焼成の最中、鉄分 ...

≫ 記事の続きを読む

伊勢崎淳

伊勢崎淳(いせざき じゅん)は日本の陶芸家で、備前焼の陶工として人間国宝に認定されています。 備前焼は釉薬を一切使わずに堅く焼き固めるのが特徴で、『窯変(ようへん)』という反応で生み出される赤い模様が特徴です。二つと同じ模様が浮かび上がらない備前焼は派手さはなくとも、素朴で長く使 ...

≫ 記事の続きを読む

荒川豊蔵

荒川豊蔵(あらかわ とよぞう)は昭和期に活躍した志野焼(しのやき)の名工です。 志野焼とは岐阜県・美濃地方で栄えた美濃焼の一種。 志野釉(しのゆう)という、長石を粉砕して作った釉薬を白い土にかけ焼き上げることで作られます。 厚い釉薬に生まれた貫入(かんにゅう、ひび割れのこと)や柚 ...

≫ 記事の続きを読む

骨董品買取店 くまねこ堂 出張買取対応エリア

関東地方を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP