作家紹介

楳図かずお版「ゲゲゲの鬼太郎」‼!? まんだらけ限定「猫目小僧」フィギュアをお譲りいただきました。

人気ブログランキング 妖怪と幽霊の違いは?と 妖怪を考えるうえで、必ず挙がる疑問かもしれません。 個人的な感覚では、幽霊は人に害を与える。 妖怪はいつの時代も人々に愛される存在、と言えるのではないかと考えます。 恐ろしいものであるはずの妖怪ですが、妖怪とは人と共に生まれ、生きる存 ...

≫ 記事の続きを読む

童話作家/イラストレーターの東君平さんの私家版と思われる書籍「パリ絵本」をお譲りいただきました。

人気ブログランキング 少し珍しいものをお譲りいただきました。 東君平さんといえば切り絵による作品が有名ですが、今回お譲りいただいたものは 全ページ銅版画の「パリ絵本」という本です。 普通、本にはついているはずの奥付がなく、バーコードも付いていないためおそらく私家版なのではないかと ...

≫ 記事の続きを読む

1970年代の男前の代名詞、沢田研二の写真集をお譲りいただきました。

人気ブログランキング 沢田研二といえば2017年にデビュー50周年をむかえ、話題となりましたね. 1960年代前半のグループサウンズ全盛期からトップとして活躍し、ソロとしてのシングル総売上は1,239万枚(1982 – 1991年の9年間は歴代1位の座を保つ)wiki ...

≫ 記事の続きを読む

【第5回- ②】「汝窯天青釉洗」、香港サザビーズにて●●億円で落札!!

人気ブログランキング こんにちは~クラニャンです♪ 昨日は、汝窯を考えるシリーズ第5回「これが汝窯…?」と題し、①青白磁(景徳鎮窯)=汝窯ではないか?という、20世紀初頭のイギリスで提唱された説をご紹介しました。 本日はその続きとして、②耀州窯=汝窯?という説について考えてみたい ...

≫ 記事の続きを読む

【第5回 – ①】「汝窯天青釉洗」、香港サザビーズにて●●億円で落札!!

人気ブログランキング こんにちは、クラニャンです! 今年10月初めに、香港サザビーズの競売で「北宋汝窯天青釉洗」が中国陶磁器史上最高額で落札されました。 このニュースをきっかけに、くまねこ堂ブログでは「汝窯」の青磁ってどんなものなの?という疑問について、シリーズで考えてまいりまし ...

≫ 記事の続きを読む

【第4回】「汝窯天青釉洗」、香港サザビーズにて●●億円で落札!!

人気ブログランキング こんにちは、クラニャンです! 今月初めに、香港サザビーズの競売で「北宋汝窯天青釉洗」が中国陶磁器史上最高額で落札されました。 このニュースをきっかけに、くまねこ堂ブログでは「汝窯」の青磁ってどんなものなの?という疑問について、シリーズで考えてみることにいたし ...

≫ 記事の続きを読む

「中国文物局の蝋印入り骨董品」と「中華人民共和国文物保護法」「中華人民共和国文物保護法実施条例」について~第一弾!

人気ブログランキングへ 秋も深まり、朝夕は涼しい季節になってきましたね!   以前ご紹介させていただきました「中国文物局の蝋印入り骨董品」についての記事ですが、 思いのほかのご反響をいただいておりまして、誠にありがとうございます! ※我々が日ごろよく口にする「骨董」とい ...

≫ 記事の続きを読む

【漢詩人・画家】江馬細香

古美術・骨董 ブログランキングへ    江馬 細香    えま さいこう    1787年5月20日(天明7年4月4日) ~ 1861年10月7日(文久元年9月4日)    美濃大垣 出身    関連買取事例 ◆買取事例ブログ挿入コマンド◆    略 ...

≫ 記事の続きを読む

【日本画家】田中一村

古美術・骨董 ブログランキングへ    田中 一村(米邨)    たなか いっそん (べいそん)    1908年(明治41年)7月22日 ~ 1977年(昭和52年)9月11日    栃木県 下都賀郡栃木町 出身    関連買取事例 『【東京都新宿区高田馬場 ...

≫ 記事の続きを読む

国立西洋美術館「アルチンボルド展」

人気ブログランキング   Amazon班フジタンも注目している展示会が今年の6月に国立西洋美術館にやってきます。 アルチンボルド展です! だまし絵の「先駆者」とも言われたアルチンボルドですが、今回はお馴染みの <春><夏><秋><冬> も展示されるそうです。この作品は美 ...

≫ 記事の続きを読む

骨董品買取店 くまねこ堂 出張買取対応エリア

関東地方を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP