【帝室技芸員】宮川香山


古美術・骨董 ブログランキングへ

 

待ち猫12 宮川 香山

みやがわ こうざん

   1842(天保13年)1月6日 ~ 1916年(大正5年)5月20日

京都真葛ヶ原 出身

 

 

:nikukyu: 略歴

1866年 幕府より、御所献納品の依頼される。
1970年 真葛窯を横浜に開く。
金を多量に使用する薩摩焼は製作費がかかるため、香山は金のかわりに精密な彫刻を掘り込むことで表現した「高浮彫」の技法を生み出した。
1896年 帝室技芸員に選ばれる。
:nikukyu: 外部リンク

「Wikipedia 宮川 香山」

 「宮川香山 真葛ミュージアム」

(一部Wikipediaより抜粋)

 


人気ブログランキングへ

PAGE TOP

電話受付メールでのお申込みはこちら