明治期の革製煙草入れをお譲り頂きました

東京都江東区で明治期の革製の煙草入れをお譲り頂きました。

 ひもについている玉はラピスラズリでしょうか。革に勝ち虫のトンボ柄、縁起物です。

※勝ち虫・・・戦国時代、不退転(とんぼのように前へ前へと進み、決して退かない)の象徴として武具の柄によく使われたそうです。

留め金具は黒ずんでいます。素材は銀でしょうか、蝶がレリーフ状に彫られています。 在銘です。

彫りはわずかな凹凸ですが、正面から見ると立体的に見えます!

 

そして、めくってみますと、内側の留め具にも何か彫られています、、、 

 

マァ!弁財天の春画です:oops:

 

外から見えるか見えないか、という箇所にも凝る、これぞ日本の工芸美術ですね。:wa-i:

byキョーコ

 

 


よろしければシェアお願いします

2014年7月に投稿したくまねこ堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

くまねこ堂 出張買取対応エリア

関東を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP