中川一政のリトグラフをお譲り頂きました🐎絵画、版画も買取のご相談受け堪りますっ🚚

先日は神奈川県横浜市青葉区あざみ野のお客様より、一軒屋のご遺品整理のご相談から、
作家物、お茶道具、香炉、諏訪蘇山、伊勢崎淳、近藤悠三、坂倉新兵衛、館林源右衛門、和骨董、洋食器、ローゼンタール、ノリタケ、中川一政、リトグラフ、歴史・世界史、英語、古本、宝塚、クラシック、DVD、CD等、沢山のお品物を拝見させていただき、お譲り頂きました。
御依頼誠にありがとうございました🐻😸

 

今回はお譲り頂きましたお品物の中から、中国は秦末期の楚の武将、項羽(項籍)が描かれた、
中川一政のリトグラフをご紹介させていただきます。

中川一政 リトグラフ買取

 

中川一政
洋画家、詩人、随筆家。油絵の技法を独習、二科展、草土社展などに出品した。
また武者小路実篤、志賀直哉など白樺派の作家たちや岸田劉生らと交流し、
一時期その影響を強く受ける。
フォービスム風の表現の中に東洋的な情感を盛込んだ独特の画風を確立した、
日本を代表する画家。挿絵にもすぐれたものが多い。 75年文化勲章受章。
コトバンク:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典様より引用、一部抜粋)

 

💡現代の私達も耳にしたことがある「四面楚歌」という四字熟語は、
項羽が追い詰められた、垓下の戦いの余話が元となっているそうです。

強力な戦闘力が際立っていた武将ならではの、
他者との孤立・孤独との内なる闘いもあったのではないでしょうか。
そんな項羽の心境を示唆するかのような作風の一枚です!

お譲りをいただきまして、ありがとうございました😌

 

かこさん

 


人気ブログランキング


よろしければシェアお願いします

2022年2月に投稿したくまねこ堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

くまねこ堂 出張買取対応エリア

関東を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP