東京都世田谷区で、封蝋付き、閻魔様が手描きされた象牙の板絵をお譲り頂きました


人気ブログランキングへ

 

東京都世田谷区で、中国文化大革命以降の封蝋(ワックス)付き、閻魔様が手描きされた象牙の板絵をお譲り頂きました。 

 

単なる紫檀の硯箱かと思いきや、蓋を開けてみると、中には一面六臂三目の怖い閻魔様が、象牙の板に細密に描かれていました。

サイズは約8.5×15センチ、厚さは1mmです。

こ、怖いです、、、:kaomoji3:

17~18世紀のチベット仏画にこれと近い絵柄のものがありました。

閻魔様の体からぶら下がっている頭部は罪人たちでしょうか。。。

 

裏面のシールには日本に輸出された際の税金のことが何やら書かれています。 

 

 

 

大きな紫檀の硯箱にこの絵がたった1枚。

まるで重い蓋で閻魔様が封印されているかのようでした!:kaminari:

 byキョーコ


人気ブログランキングへ


よろしければシェアお願いします

2014年12月に投稿したくまねこ堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

くまねこ堂 出張買取対応エリア

関東を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP