東京都杉並区で、蓋付きの古い硯をお譲り頂きました


人気ブログランキングへ

 

東京都杉並区で、蓋付きの古い硯をお譲り頂きました。

蓋の木は花梨のようです。

 

くまきちさん曰く、中国の唐物趣味を日本が重用/融合したものではないかな、とのことでした。

サイズは蓋なしで約10×16×4センチ。とても重いです。

墨を磨る部分と墨汁を溜める部分にあまり段差がなく、ゆるやかです。

それに対し、裏側はぐっとカーブしていますので、裏は裏で何か使い道があったのではないかしら、と思ってしまいたくなるような形状です。

 

不勉強なもので、側面の文字に読めない部分が。。。

この硯に限らず、買取品の中には、印、漢字や仮名で読めないものが時折あります。:cry:

先日も戦後すぐの頃の毛筆の手紙が判読できなかったのですが、後日、プロの方が解読されたもののコピーをにゃん子さんがくださいました。

へぇ~なるほど!というレベルではなく、訳文すら日本語に見えない部分が多々あり、自分の無学が悲しかったです。:naku:

 

読めなかったときは悔しく、運よく読めたときは本当に嬉しいです。

判読は楽しい仕事のうちのひとつです。

byキョーコ


人気ブログランキングへ


よろしければシェアお願いします

2014年12月に投稿したくまねこ堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

くまねこ堂 出張買取対応エリア

関東を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP