神奈川県で、萬古焼名工 人見洞永の雲錦模様蓋物「鈴」をお譲り頂きました


人気ブログランキングへ

 

神奈川県川崎市麻生区で、 萬古(万古)焼名工 人見洞永の雲錦模様蓋物「鈴」をお譲り頂きました。

人見洞永は明治30年生まれ、皇室への献上品を数多く手がけました。

ご紹介するのは戦前頃のお品と思われます。 

直径は約11.4センチ、高さは約12.4センチ。

桜や紅葉がびっしりと描きこまれています。

くまきちさんが、「とても出来が良いし、超絶技巧だよ!」と見せてくださいました。

 

人見洞永(ひとみ どうえい)
明治30年 四日市生まれ。
ロクロ師北村伊三に師事し、京都にて京焼の技法を学ぶ。
古萬古、有節萬古の写物など色絵物を多く手がける。
戦後は三重県窯業試験所に勤め、皇室への献上品など多くの作品を残す。
絵付けもしたが、彼のひいたものに東錦堂が絵付けした作品が多く現存する。
 (四日市市文化会館Webサイト参照)

 

あぁ、、、なんてステキなのでしょう、、我が家に連れて帰りたいです。。。

byキョーコ  

 


人気ブログランキングへ


よろしければシェアお願いします

2014年12月に投稿したくまねこ堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

くまねこ堂 出張買取対応エリア

関東を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP