【人間国宝・無形文化財】近藤悠三


古美術・骨董 ブログランキングへ

kondo yuzo yamabudou 

 近藤 悠三

   こんどう ゆうぞう

 

   1902(明治35年)2月8日 ~ 1985年(昭和60年)2月25日

   京都府 京都市 清水寺下 出身

 

:nikukyu: 関連買取事例

『人間国宝 近藤悠三の「山ブドウ 飾壺」蓋物染付をお譲りいただきました』

 

:nikukyu: 略歴

1914年 京都市立陶磁器試験場附属伝修所ロクロ科に入所。
1917年 京都市立陶磁器試験場に助手として勤務。
             濱田庄司より窯業科学等を教わる。
1921年 陶磁器試験場をやめ、富本氏の助手として大和に行く。
1924年 京都に戻り、家に仕事場を作り作陶を始める。
1928年 第9回帝展で初入選。以後13回連続入選。
1953年 京都市立美術大学の陶磁器科助教授に就任。
1956年 第3回日本伝統工芸展で日本伝統工芸会賞を受賞。
1958年 京都市立美術大学の教授に任命される。
1965年 京都市立美術大学学長となる。
1970年 紫綬褒章受章。
1973年 勲三等瑞宝章受章。
             京都市文化功労者章受章。
1974年 京都府美術工芸功労者章受章
1977年 染付技法の重要無形文化財保持者としての認定。
1980年 紺綬褒章受章。

 

:nikukyu: 受賞

1956年 日本伝統工芸展 日本伝統工芸会賞

 

:nikukyu: 作品

近藤悠三01 近藤悠三02 近藤悠三03 近藤悠三04

 

:nikukyu: 外部リンク 

「近藤悠三記念館」

「Wikipedia 近藤悠三」

 

(一部Wikipediaより抜粋)

 


人気ブログランキングへ


よろしければシェアお願いします

2016年7月に投稿したくまねこ堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

骨董品買取店 くまねこ堂 出張買取対応エリア

関東地方を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP