出張買取◎再訪!素敵な彫刻をお譲り頂きました!

先日は小雨の中、千葉市中央区のお客様より、再度ご依頼を頂き、島岡達三、富永直樹、北村西望、館林源右衛門、芹沢銈介の彫刻、陶器、書、茶器、版画など、多くのお品物をお譲り頂きました。誠にありがとうございます!

今回はその中から富永直樹の彫刻をご紹介したいと思います。

富永直樹(1913~2006年)は長崎県出身の彫刻家で、東京美術学校(現・東京藝術大学)で同郷の北村西望の元で学びます。(なんと、彫刻科塑像部を首席で卒業!icon_eek.gif)その後、華麗なる経歴を重ね、1984年に文化功労者、1989年には文化勲章を受章しました。

また、富永直樹といえば、三洋電機のデザイン部門に勤務し、黒電話4号機の意匠、日本初のカラー電話、家具調テレビ等のデザインをしたことでも知られています。cat_5.gif

 

 

富永直樹「高原の朝」 ブロンズ

富永直樹

富永直樹

堅実で写実的な表現です。

以前、中山競馬場で実際に近くで馬が走っているところを見たことがありますが、とんでもなく美しい生き物だなぁ~!と思いました。馬の躍動感って凄いですよね!icon_eek.gif眼もキラキラしていました!shine.gif

 

続きまして、富永直樹「孟春」 ブロンズ

富永直樹 孟春

寄り添っている子トラが可愛いですね~。でもこれ、全長が30㎝強の、なかなかの大きさと重さですicon_eek.gif

富永直樹 孟春

なんとなく顔が猫にしか見えないのは気のせい・・・?(怒られそうだsweat01.gif

 

こちらは「孟春」が入っていた共箱。作者の銘が入った立派な箱なのですが、実は検品と撮影の為、この箱の内寸にピッタリのサイズで入っている段ボールケースと重たいブロンズ像を取り出すのが本当に大変でしたsweat01.gif うーん、どの方法が一番ベストだったんでしょう???sweat01.gif富永直樹 孟春

 

ちなみに、こちらは富永直樹の代表作の一つ「大将の椅子」

引用:http://kagakudoh.art.coocan.jp/kobijutu23.htm

 

ペルシャ猫を題材にしたこの作品は、高さが60㎝弱、総重量が16.8㎏との事。ちょこんと座っている様子が可愛いですね~。きんきらりんです!shine.gif

 

彫刻に限らず、陶磁器、茶器等に付属している共箱や保証書は必ず一緒に保管しておくことを強くお勧め致します。買取価格に大きな差が出てきますよ!

ご自宅に長く眠っている、もう使わなくなった骨董品等はございませんか?捨てる前にぜひ一度、くまねこ堂にご相談くださいませ!

ふうき


人気ブログランキング


よろしければシェアお願いします

2019年5月に投稿したくまねこ堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

遺品整理業 くまねこ堂 出張買取対応エリア

関東地方を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP