石川寅治の木版画(直筆サイン入り)をお譲り頂きました

神奈川県横浜市で石川寅治の木版画「戯れ」と「三保から見たる春の富士」をお譲り頂きました。直筆サイン入りです。

↑ 「戯れ」 (1936年頃)

裸体の若い女性が猫ちゃんと戯れています。

ウァー、構図がステキ、なまめかしいもち肌もキレイです。

 

↑  「三保から見たる春の富士」

 「スカーッ」という音が聞こえてきそうなほどの晴れ渡る空です。

富士山の手前の山々や砂浜、空に浮かぶ雲(あるいは風?)が潔い線にデフォルメされて描かれています。

 

作家の石川寅治は明治8年(1875年)生まれ、 昭和39年(1964年)没ですので、明治大正昭和にかけての画家となるわけですが、油彩の作風と比較すると版画になった時の線の表れ方は非常にポップで迷いのないものに見えます。

1934年には浮世絵の技法による版画を発表しているということですので、浮世絵の影響を受けての画風となりましょうか。

明治期に洋画を学んで西洋の技術を習得し、後年浮世絵の技法から大胆な色彩や色面構成を自分のものにした、という点がとても興味深いです。

あ、せっかくですので、サインも。

KやWがデフォルメされていますね、石川寅治らしいサインです!

byキョーコ

 

 

 

 

 

 

 

 


よろしければシェアお願いします

2014年7月に投稿したくまねこ堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

くまねこ堂 出張買取対応エリア

関東を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP