【人間国宝・無形文化財】金重 陶陽


古美術・骨董 ブログランキングへ

 

待ち猫01 金重 陶陽

   かねしげ とうよう

 

   1896年(明治29年)1月3日 ~ 1967年(明治42年)11月6日

   岡山県 備前市 出身

 

 

 

:nikukyu: 関連買取事例

 「東京都渋谷区にて、人間国宝 藤原啓の備前徳利をお譲り頂きました」

 

:nikukyu: 略歴

本名は金重勇(かねしげいさむ)。
備前焼の陶工として初めて人間国宝に指定された。江戸時代中期以降人気を失っていた備前焼を最高させ「備前焼中興の祖」と称される。

1910年(14歳) - 伊部尋常小学校高等科を卒業。父について作陶をはじめる。
1916年(20歳) - 耐火度の高い棚板を考案し、窯詰めの形式を改良をする。父媒陽死去。
1918年(22歳) - 彩色備前を作り始める。「陶陽」の号を用いる。
1919年(23歳) - 倉敷市酒津の西山窯にて1年間制作。
1920年(24歳) - 岡山の富豪佐藤喜久治の依頼で、橋本関雪との合作を制作。
1921年(25歳) - ドイツ式マッフル窯を作り、窯変の焼成に工夫を加える。
1922年(26歳) - 備前で初めて宝瓶を制作、伊部中に流行。
1924年(28歳) - 名古屋松坂屋にて十五代永楽善五郎と最初の展覧会を開催。
1927年(31歳) - ドイツ式の窯と備前式の窯を折衷し窯を改良、木炭をくべて棧切の焼成に成功。
1928年(32歳) - 母竹能死去。荻野綾子と結婚。大日本博覧会に「彩色備前孔雀置物」出品。「備前飛獅子置物」「彩色備前鬼瓦に鳩置物」を昭和天皇に献上。
1930年(34歳) - 古備前の土を研究し、桃山調備前の土味を出すことに成功。
1932年(36歳) - 官休庵来訪し、手造りの茶器等制作。本格的に轆轤を挽いて茶器を制作。「土」の窯印を用いる。
1936年(40歳) - 川喜田半泥子が唐津行きの途中に来訪、これより交流が始まる。半泥子の千歳窯を訪れ作品制作。
1937年(41歳) - 「備前糸目水指」「備前糸目掛花入」を表千家家元惺斎宗左好みとして制作。
1938年(42歳) - 大阪阪急百貨店にて初個展開催。川喜田半泥子来訪制作。東京資生堂ギャラリーにて個展開催。
1939年(43歳) - 川喜田半泥子と相互に行き来しお互いに制作。
1940年(44歳) - 大阪阪急にて第二回作品展開催。半泥子を相互来訪。
1941年(45歳) - 素山出征のため、窯の構造をかえ、画期的な成功をおさめる。加藤唐九郎来訪。
1942年(46歳) - 川喜田半泥子、荒川豊蔵、十代休雪と「からひね会」結成。四女達子生まれる。荒川豊蔵来訪制作。備前焼技術保存者に認定。
1943年(47歳) - 表千家家元千宗左即中斎来訪。
1944年(48歳) - 日本美術および工芸統制協会代議員となる。
1945年(49歳) - 素山と共に美濃大萓に荒川豊蔵を訪ね、制作をする。
1947年(51歳) - 生活用品芸術陶磁器認定委員となる。
1949年(53歳) - 出口直日(大本教三代教主)来訪し茶碗・水指・徳利などに釘彫りの絵付けをする。川喜田半泥子の廣永窯を訪れる。北大路魯山人が来訪し作陶する。藤原啓・山本陶秀・藤田龍峰・金重素山・浦上善次と備前窯芸会を結成。
1951年(55歳) - 京都府亀岡の大本教が花明窯を築窯、指導の為一ヶ月滞在し制作も行う。フランス・イラク・イランで開催された、「現代日本陶芸展」に「備前緋襷輪花花器」を出品。
1952年(56歳) - 備前焼無形文化財記録保持者に認定される。朝日新聞社主催「第1回現代日本陶展」に「備前台鉢」「備前三角花入」を出品。窯印を「ト」と改める。イサム・ノグチ、北大路魯山人と共に来訪制作。北大路魯山人の依頼で北鎌倉山崎に備前窯を築窯、一月半滞在。魯山人窯で釉薬物を多数制作。石黒宗麿・荒川豊蔵・加藤唐九郎・宇野三吾ら在野の有志と共に「日本工芸会」の設立を協議。
1953年(57歳) - 加藤土師萌来訪し制作。伊部に来訪したバーナード・リーチを囲み、石井不老・三村陶景・山本陶秀と共に会談。田山方南来訪。
1954年(58歳) - 伊豆山「桃李郷」において、石黒宗麿・加藤土師萌・小山富士夫・荒川豊蔵・加藤唐九郎・小森小庵・黒田領治・佐藤進三・金重陶陽の九人で「桃李会」結成。岡山県無形文化財保持者に認定。萩の吉賀大眉の窯で制作。唐津、中里無庵の窯で制作。
1955年(59歳) - 日本工芸会結成。日本橋壺中居で「第1回桃李会展」開催。
1956年(60歳) - 備前焼の重要無形文化財保持者に認定。シカゴ美術館主催「日本現代陶芸六人展(富本憲吉・石黒宗麿・加藤土師萌・荒川豊蔵・加藤唐九郎・金重陶陽)」に出品。日本橋三越で「作品展」開催。京都裏千家茶道会館で「新しい陶芸の茶会を開催。
1957年(61歳) - 広島天満屋で個展開催。石黒宗麿来訪。中村研一来訪制作。武者小路千家流家元来訪制作。11月、欧米に旅行に出る、翌年2月帰国。アメリカ合衆国にて作品展開催。
1959年(63歳) - 中国文化賞受賞。東京国立近代美術館開催の「現代日本陶芸展」に「備前水指」出品。上野松坂屋で加藤唐九郎と二人展開催。
1960年(64歳) - 山陽新聞賞受賞。岡山県文化賞受賞。岡山県文化財保護協会理事、備前町文化財保護委員長となる。
1961年(65歳) - 富本憲吉、河井寛次郎、浜田庄司、バーナード・リーチ来訪。
1962年(66歳) - 名古屋丸栄にて個展開催。日本工芸会理事となる。
1963年(67歳) - 奥村土牛・酒井三良来訪、釘彫り制作。小山富士夫来訪制作。立花大亀来訪、釘彫り制作。
1964年(68歳) - ハワイ大学夏期講師に招待。滞在中ホノルルにて「金重陶陽・道明二人展」開催。「現代国際陶芸展」に「備前壺」出品。加藤土師萌来訪制作。井伏鱒二来訪。
1965年(69歳) - 磯野風船子・吾妻徳穂・谷川徹三・菊地一雄がそれぞれ来訪。岡山県工業試験所陶磁器指導所の講師になる。
1966年(70歳) - 「人間国宝五人展」出品。紫綬褒章受章。岡山天満屋にて「陶歴五十五年記念・金重陶陽回顧展」開催。
1967年(71歳) - 昭和天皇・香淳皇后備前来訪の際、御前制作。大阪高島屋にて「金重陶陽・素山・道明三人展」開催。国立岡山病院にて死去。勲四等旭日小綬章受章。

 

:nikukyu: 受賞

1959年 中国文化賞
1960年 山陽新聞賞
1960年 岡山県文化賞

 

:nikukyu: 外部リンク 

Wikipedia 「金重 陶陽」

(一部Wikipediaより抜粋)

 


人気ブログランキングへ

PAGE TOP

電話受付メールでのお申込みはこちらスマホで写真を送るだけ! LINE査定はこちら