大正頃の尚美堂製 純銀の香炉をお譲り頂きました

 

西東京市ひばりが丘で、大正頃の尚美堂製 純銀の香炉をお譲り頂きました。

8月9日の記事「皇室に近しい、由緒ある血筋のお宅」での買取り品ご紹介の第5回目になります。

 

 

横幅約29cm、高さが約16.7cmと大ぶりで、重さは1547gです。 (台座は除いて採寸)

 

はじめ、中国製かしら?と思ってしまいましたが、日本製です。

底には「純銀」と「尚美堂」の刻印がありました。

 

木箱の中には尚美堂のモダンな印刷物もいっしょに入っていました。

尚美堂は1900年に大阪淀屋橋に創業した老舗です。

webサイトを拝見しましたところ、印刷物の写真は大正元年~昭和16年の店舗と同じでした!(こちらです

ヨーロピアンな雰囲気満載です。大正ロマンですねえ、、、

お品とともにチラシなどの資料をいっしょに拝見できるのはなかなか貴重なことです。

 

尚美堂は昭和20年には大空襲で全焼してしまったそうですが、この香炉はそれ以前に人の手に渡って無事に今日まで残ったお品のひとつなわけですね。

これからまた、どなたかの手に渡ってさぞ大事にされることと思います。

旅をする古道具たち、ロマンですねえ、、、:hoshi1:

 

第6回につづく、、、

byキョーコ

 

 

 

 

 

 

 


よろしければシェアお願いします

2014年8月に投稿したくまねこ堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

骨董品買取店 くまねこ堂 出張買取対応エリア

関東地方を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP