明治期頃の源内焼をお譲り頂きました。

 

西東京市ひばりが丘で、明治期頃の源内焼をお譲り頂きました。

8月9日の記事「皇室に近しい、由緒ある血筋のお宅」での買取り品ご紹介の第7回目(最終回)になります。

 

源内焼とは、江戸時代中期頃、マルチな学者、平賀源内が故郷の香川県志度(香川県さぬき市)で広めた鑑賞用の三彩の焼き物です。

明・清時代の中国南部の焼物、交趾焼(こうちやき)がルーツだそうです。

 

ご紹介させていただく飾り皿のサイズは約25×31センチ。

くまきちさんによると、明治期頃の再興品/オリジナルではないかな、とのことでした。

浮彫の凹凸で絵柄が表現されていて、かなり独特な焼きなのですね。

他の源内焼を拝見しますと、緑をベースにしたものが多く、いずれにも絵柄や文様が美しく入っています。

 

縁に凝っているのが特徴のひとつであるとのことで、なるほど、ご紹介のお品も中の絵柄を引き立てる額縁のごとく、手数がかけられているように感じます。↓

 

 

当時、高貴な家柄の個人宅で所蔵されていたため、市場に出回ることがほとんどなく、評価されるまでには大分時間がかかったのだそうです。

この飾り皿もその中の一枚であったのでしょうか。。。

明治以降、残念ながら源内焼は衰退してしまったそうですが、香川の焼き物にはその面影を残すものもあるそうです。

 

ある一軒のお宅から買い取らせて頂いた品々を7回に分けてご紹介させていただきました。

初めて拝見する貴重な工芸美術品ばかりで、私も勉強にもなりました!:wa-i:

byキョーコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


よろしければシェアお願いします

2014年8月に投稿したくまねこ堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

骨董品買取店 くまねこ堂 出張買取対応エリア

関東地方を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP