千葉県船橋市にて、明治末頃の唐木・紫檀の指物家具をお譲り頂きました


人気ブログランキングへ

 

千葉県船橋市にて、明治末頃の唐木・紫檀の指物家具をお譲り頂きました。

前面の蓋には龍の彫り、引き出しの部分には斑竹がはめ込まれています。

 

くまきちさん曰く、

「日本で作られたものだけれど、当時流行った中国趣味を反映させたものかな」 とのこと。

前面の蓋には中国の吉祥文様である龍が彫りこまれています。

 

 

引き出しには斑竹が。 

(買取りほやほや、ほこりもそのままにパチリ)

 

角は凸凹(ほぞ)で組まれています。釘は使われていないですね!

 

何に使われたものでしょう

お茶の道具入れ?煙草盆?

試しにニオイをかいでみましょう。くんくん

お香のような良い香りがしました。

もしかしたら匂い袋とともに、便せんや封筒などが入っていたのかもしれません。。。

 

byキョーコ


人気ブログランキングへ


よろしければシェアお願いします

2015年9月に投稿したくまねこ堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

遺品整理業 くまねこ堂 出張買取対応エリア

関東を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP